第344回:グリップとコントロール性の高次元な両立
ピレリの最新タイヤ「P ZERO」と「DRAGON SPORT」を試す

2016.05.18 エッセイ
上海国際サーキットのピットレーンにずらりと並んだ試乗車たち。
上海国際サーキットのピットレーンにずらりと並んだ試乗車たち。

ピレリのフラッグシップタイヤ「P ZERO(ピーゼロ)」が新世代に移行した。同社の新しいスポーティータイヤ「DRAGON SPORT(ドラゴンスポーツ)」とともに、上海国際サーキットでその実力を試した。

新型「P ZERO」のスポーツカー用。トレッドは4本の縦溝を基調とし、アウト側(向かって右側)に高剛性ブロックを配置している。
新型「P ZERO」のスポーツカー用。トレッドは4本の縦溝を基調とし、アウト側(向かって右側)に高剛性ブロックを配置している。
サルーン用ではブロックのピッチを細かく刻み、横溝を貫通させず、静粛性を引き上げた。
サルーン用ではブロックのピッチを細かく刻み、横溝を貫通させず、静粛性を引き上げた。
スーパーカー用ではセミスリック化して、グリップを徹底的に追及している。
スーパーカー用ではセミスリック化して、グリップを徹底的に追及している。

3種類のP ZEROを設定

ピレリが2種の新型タイヤを発表した。フラッグシップスポーツ、P ZEROの新世代モデルと、スポーティータイヤのDRAGON SPORTだ。

P ZEROは長い歴史を誇るピレリの代表作。1987年に「フェラーリF40」の純正タイヤとして初代がデビューした。2000年には第2世代の「P ZERO ROSSO(ピーゼロロッソ)」へ進化。2007年の第3世代P ZEROを経て、今回の新型は第4世代モデルに該当する。

初代P ZERO当時、求められる性能はドライ&ウエットハンドリングとサーキットのラップタイム程度だった。しかしその後、スポーツカーの進化に合わせて、ハイドロプレーニング、摩耗、快適性、長期性能安定性などのニーズが加わっていった。新型ではもちろんそれらを向上させ、さらなる重点課題としてウエットブレーキと転がり抵抗のハイレベルな両立、および軽量化、そして低ノイズ化を挙げている。

ピレリは以前から販売の伸び率の高い超高性能タイヤに力を注ぐことを宣言している。その中心的存在であるのが新型P ZEROだ。今回はスポーツカー用、サルーン用、スーパーカー用の3種類を用意して対応力を強化した。全てP ZEROの伝統である非対称デザインを採用。ベースとなるスポーツカー用は4本の縦溝を基調にアウト側に高剛性ブロックを配置。サルーン用はブロックピッチを細かく刻み、横溝を貫通させず静粛性を引き上げた。スーパーカー用は「P ZERO CORSA(ピーゼロコルサ)」の後継という位置づけで、縦溝を3本に減らしてセミスリック化し、グリップを徹底追及している。

発表時のラインナップは3種の合計で、18~22インチ、全77サイズの設定。2016年の国内販売は60サイズを予定する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ