BMWが「7シリーズ」に遠隔操作によるパークアシスト機能を採用

2016.05.16 自動車ニュース
リモート・パーキング」のデモンストレーションの様子。

BMWジャパンは2016年5月16日、最上級セダン「7シリーズ」に、新機能「リモート・パーキング」をオプション設定し、販売を開始した。

ドライバーの遠隔操作で駐車スペースに入っていく「7シリーズ」。当然ながら、運転席に人の姿はない。
「リモート・パーキング」の操作に用いる「BMWディスプレイ・キー」。画面上の矢印をタッチすることで、車両の前進、後退を操作する。
車両後方に備えられた「リモート・パーキング」用の無線レシーバーから4m以上キーが離れると、車両は自動で停止する。障害物の検知や自動ブレーキなどの機能は備わるものの、安全確認はドライバーの責任というのが、このシステムのスタンスなのだ。

■車外から駐車&出庫をリモートコントロール

リモート・パーキングとは、車外からの遠隔操作による駐車を可能とする技術であり、乗員の乗り降りが難しい、幅の狭い駐車スペースなどでの利用が想定されている。

手順としては、まずドライバーが駐車スペースの手前の中央にクルマを止めて降車。「BMWディスプレイ・キー」を使って駐車を指示すると、クルマが自動でステアリング、アクセル、ブレーキを操作し、駐車が行われる。駐車完了後のエンジン停止もBMWディスプレイ・キーを使って行う。

また、BMWディスプレイ・キーによる車外からのエンジン始動、および出庫の指示により、駐車スペースからの出庫も遠隔操作で可能となっている。

システム作動時の車速は1.8km/h以下。センサーとして4個のカメラと12個のPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)用超音波ソナーを用いており、障害物や人を検知すると、自動で車両が停止する。またBMWディスプレイ・キーとの交信には315MHzの無線を使用しており、キーが車両後方に搭載されたレシーバーから4m以上はなれると、やはり車両を停止させる機能が備わっている。

また、同システムで遠隔操作が可能なのは、駐車スペースに頭からクルマを入庫する場合のみで、バック駐車などには非対応。駐車スペースに対して斜めにクルマが止められている場合は(10度以上)、システムを作動させることはできない。

価格は7万4000円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • 日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売 2016.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る