DS 4クロスバック(FF/6AT)

デザイン至上主義車 2016.05.20 試乗記 「DS 4」のマイナーチェンジを機に、新たにラインナップに加えられた派生モデル「DS 4クロスバック」。個性的なのは見た目だけなのか、それとも……? そのドライブフィールや乗り心地、燃費データを報告する。

ムードがポイント

DS 4に加わったクロスオーバーモデルが、クロスバックだ。
おさらいすると、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」クラスのシトロエンが「C4」。C4から派生したビジュアル系コンパクトがDS 4。そのDS 4にSUV風味を添えたのが、クロスバックである。

DSシリーズをプロデュースするのは、2014年にシトロエンから独立して別組織になったDSオートモビルズである。
DSと聞いて、古いシトロエンファンなら、宝物殿からついにあのビッグネームを出してきたか! と思っただろうが、新しいこのブランドは“different style”の頭文字と説明されている。

ちなみに1955年から75年まで生産されたヒストリックシトロエン、DSはとくになにかの頭文字ではなく、フランス人の発音する“デエス”が「女神」を連想させるところに意味があったらしい。

クロスバックに話を戻すと、DSシリーズ初のクロスオーバーモデルは、最低地上高をノーマルDS 4より30mm上げ、専用のバンパーやホイールアーチモールやルーフモールなどを備える。FFの駆動方式は変わらず、エンジンにも変更はない。フォルクスワーゲンの「クロスポロ」と同じような“雰囲気SUV”である。
338万円の価格は、同等の装備を持つDS 4より12万円高い。

日本では2016年4月に発売された「DS 4クロスバック」。テスト車のボディーカラー「オランジュトルマリン」は、同モデルの専用色。
日本では2016年4月に発売された「DS 4クロスバック」。テスト車のボディーカラー「オランジュトルマリン」は、同モデルの専用色。

オプション「クラブレザーシート」を選択したテスト車の前席。表皮には上質なセミアニリンレザーが用いられている。


	オプション「クラブレザーシート」を選択したテスト車の前席。表皮には上質なセミアニリンレザーが用いられている。
「DS 4クロスバック」は、前後にスライドするサンバイザーを装備。フロントウィンドウのグラスエリアを調節できる。
「DS 4クロスバック」は、前後にスライドするサンバイザーを装備。フロントウィンドウのグラスエリアを調節できる。
上方から見た「DS 4クロスバック」。フロントウィンドウの広さが際立つ。
上方から見た「DS 4クロスバック」。フロントウィンドウの広さが際立つ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る