DS 4クロスバック(FF/6AT)

デザイン至上主義車 2016.05.20 試乗記 「DS 4」のマイナーチェンジを機に、新たにラインナップに加えられた派生モデル「DS 4クロスバック」。個性的なのは見た目だけなのか、それとも……? そのドライブフィールや乗り心地、燃費データを報告する。

ムードがポイント

DS 4に加わったクロスオーバーモデルが、クロスバックだ。
おさらいすると、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」クラスのシトロエンが「C4」。C4から派生したビジュアル系コンパクトがDS 4。そのDS 4にSUV風味を添えたのが、クロスバックである。

DSシリーズをプロデュースするのは、2014年にシトロエンから独立して別組織になったDSオートモビルズである。
DSと聞いて、古いシトロエンファンなら、宝物殿からついにあのビッグネームを出してきたか! と思っただろうが、新しいこのブランドは“different style”の頭文字と説明されている。

ちなみに1955年から75年まで生産されたヒストリックシトロエン、DSはとくになにかの頭文字ではなく、フランス人の発音する“デエス”が「女神」を連想させるところに意味があったらしい。

クロスバックに話を戻すと、DSシリーズ初のクロスオーバーモデルは、最低地上高をノーマルDS 4より30mm上げ、専用のバンパーやホイールアーチモールやルーフモールなどを備える。FFの駆動方式は変わらず、エンジンにも変更はない。フォルクスワーゲンの「クロスポロ」と同じような“雰囲気SUV”である。
338万円の価格は、同等の装備を持つDS 4より12万円高い。

日本では2016年4月に発売された「DS 4クロスバック」。テスト車のボディーカラー「オランジュトルマリン」は、同モデルの専用色。
日本では2016年4月に発売された「DS 4クロスバック」。テスト車のボディーカラー「オランジュトルマリン」は、同モデルの専用色。

オプション「クラブレザーシート」を選択したテスト車の前席。表皮には上質なセミアニリンレザーが用いられている。


	オプション「クラブレザーシート」を選択したテスト車の前席。表皮には上質なセミアニリンレザーが用いられている。
「DS 4クロスバック」は、前後にスライドするサンバイザーを装備。フロントウィンドウのグラスエリアを調節できる。
「DS 4クロスバック」は、前後にスライドするサンバイザーを装備。フロントウィンドウのグラスエリアを調節できる。
上方から見た「DS 4クロスバック」。フロントウィンドウの広さが際立つ。
上方から見た「DS 4クロスバック」。フロントウィンドウの広さが際立つ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る