VWジャパン、主力3モデルの装備を見直し

2016.05.17 自動車ニュース
今回新たに設定された「ポロ」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」。
今回新たに設定された「ポロ」のエントリーグレード「TSIトレンドライン」。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年5月17日、「ポロ」「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」の先進安全装備や快適装備を充実させて商品力の強化を図るとともに、一部モデルで価格を見直した。

「ポロTSIハイライン」
「ポロTSIハイライン」
「クロスポロ」
「クロスポロ」
「ポロ ブルーGT」
「ポロ ブルーGT」
「ポロGTI」
「ポロGTI」
「ゴルフTSIトレンドライン」
「ゴルフTSIトレンドライン」
「ゴルフTSIハイライン」
「ゴルフTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」
「ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」
「ゴルフヴァリアントTSIハイライン」

■ポロに199万9000円の最廉価グレードを設定

今回の大幅な商品力強化によって、フォルクスワーゲンの総合安全コンセプト「フォルクスワーゲン・オールイン・セーフティー」の浸透を図る。これにより、「お客さまに選ばれる安心で安全なフォルクスワーゲンのブランド作りを強化」していくという。

主な仕様変更点は下記の通り。

●ポロ
・TSIトレンドライン(新設定)……190万円台のエントリーグレードを初めて設定。旧「TSIコンフォートライン」をベースに、ステアリングホイールの仕様を変更。
・TSIコンフォートライン……リアビューカメラ、マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、レインセンサー、オートライトシステム、オートエアコン、自動防眩ルームミラー、フォグランプ(フロント)、センターアームレスト、15インチアルミホイールなどを標準装備に追加。
・TSIハイライン……旧「TSIコンフォートライン アップグレードパッケージ」を「TSIハイライン」に名称変更。アルカンターラ&レザレットシート、シートヒーター(運転席/助手席)、16インチアルミホイールなどの上級装備を追加(旧価格よりも4万円低い価格とした)。
・クロスポロ……マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、パドルシフト、オートライトなどの快適装備を採用。
・ブルーGT……バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)、アルカンターラ&レザレットシート、オートライトシステム、シートヒーター(運転席/助手席)、マルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)を標準装備に追加。
・GTI……LEDヘッドライトを標準装備に追加。新たにクルーズコントロールとセンターアームレストを採用。

●ゴルフ
・TSIトレンドライン……250万円を切る戦略的価格の設定(旧価格より約16万円低い価格とした)。6J×15スチールホイールを採用。
・TSIコンフォートライン……先進安全装備のレーンキープアシスト「Lane Assist」、ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」などを標準装備に追加した。上記の装備を追加しながら、旧価格より約7万円低い価格を実現。
・TSIハイライン……先進安全装備のブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)、バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDポジションランプ付き)、ダイナミックコーナリングライト、ヘッドライトウオッシャー、ダークティンテッドガラス(リア/リア左右、UVカット機能付き)などを標準装備に追加した。
※「GTI」「R」「GTE」の仕様変更はなし。

●ゴルフヴァリアント
・TSIコンフォートライン……先進安全装備のレーンキープアシスト「Lane Assist」、リアビューカメラ、スマートエントリー&スタートシステム「Keyless Access」、パドルシフトマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付き)、アダプティブクルーズコントロール「ACC」(全車速追従機能付き)を標準装備に追加。300万円を切るエントリー価格を設定した。
・TSIハイライン/Rライン……先進安全装備のブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)などを標準装備に追加。旧価格よりも約6万円低い価格とした。
・R……ラゲッジネットパーティションを追加。

車両本体価格は以下のとおり。

●ポロ
・TSIトレンドライン……199万9000円
・TSIコンフォートライン……226万9000円
・TSIハイライン……258万9000円
・クロスポロ……279万9000円
・ブルーGT……289万9000円
・GTI(6段MT)……327万9000円
・GTI(7段DSG)……337万9000円

●ゴルフ
・TSIトレンドライン……249万9000円
・TSIコンフォートライン……280万9000円
・TSIハイライン……328万9000円
・GTI(6段MT)……389万9000円
・GTI(7段DSG)……399万9000円
・R(6段MT)……539万9000円
・R(7段DSG)……549万9000円
・GTE……499万円

●ゴルフヴァリアント
・TSIコンフォートライン……294万9000円
・TSIハイライン……342万9000円
・Rライン……362万9000円
・R……559万9000円

(webCG)

関連キーワード:
ゴルフポロゴルフヴァリアントゴルフGTEフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る