第345回:「ABARTH DRIVING ACADEMY」に参加
最新のアバルトで富士スピードウェイを爆走する!

2016.05.19 エディターから一言
富士スピードウェイの本コースを走る「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」参加者のアバルト。
富士スピードウェイの本コースを走る「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」参加者のアバルト。

アバルトオーナーを対象としたドライビングセミナー「ABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)」に、最新モデルの「595コンペティツィオーネ」で参加。富士スピードウェイを全開走行して感じた、現代版アバルトの魅力とは?

パドックにずらりと並ぶアバルトのモデル。「500」はもちろん、今あらためて見ると、「プント」系のモデルも格好(かっこう)いいと思える。
パドックにずらりと並ぶアバルトのモデル。「500」はもちろん、今あらためて見ると、「プント」系のモデルも格好(かっこう)いいと思える。
今回の相棒はFCAジャパンが用意してくれた「アバルト595コンペティツィオーネ」。
今回の相棒はFCAジャパンが用意してくれた「アバルト595コンペティツィオーネ」。
サーキットを走るため、万が一に備えてフロントにはけん引フックを装備。これのお世話になる事態だけは避けたい。
サーキットを走るため、万が一に備えてフロントにはけん引フックを装備。これのお世話になる事態だけは避けたい。
開会式の様子。講師には現役のレーシングドライバーやラリードライバーも名を連ねている。
開会式の様子。講師には現役のレーシングドライバーやラリードライバーも名を連ねている。

イタリア車のオーナーは走るのがお好き?

webCG読者諸兄姉の皆さんは、マイカーの加速や制動、旋回の限界性能を試したことはありますか? 「俺のドライビングはいつだって全開だぜ!」とお答えのアナタ、それはほぼ確実に道路交通法違反なのでかんべんしてください。そして「ない」と答えた方に重ねて質問です。そもそも今日のクルマの限界って、どの辺りにあると思います? 「いやあ、想像したこともないなあ」という方はぜひ一度、どこかのドライビングセミナーを受けてみてください。公道でのマイカーの姿しか知らないアナタは、現代のクルマの性能に驚くはず。ワタクシも、そうしたイベントを取材するたびに驚かされます。

今回自分が参加したのは、2016年4月末に富士スピードウェイで開催されたABARTH DRIVING ACADEMY(アバルトドライビングアカデミー)。読んで字のごとく、アバルトのオーナーを対象としたスポーツ走行とセーフティードライビングのレッスンです。クラスはベーシックな運転技術を学ぶ「BASE(バーゼ)」、本格的にスポーツ走行を学ぶ「TECNICO(テクニコ)」、そして少人数制の上級者向けカリキュラム「BOOT CAMP(ブートキャンプ)」の3種類。今回の参加台数は3クラス合計で85台(!)というから驚きです。イタリア車のオーナーは、やはり走り好きが多いのかもしれません。

また、3つもクラスがあることからも分かるとおり、参加者の幅が広いのもこのセミナーの特徴。「普段から国際格式のサーキットで走りこんでいる」という猛者がレーシングスーツ持参で参加する一方、「サーキット走行はこれが初めて」という方も少なくないのだとか(今回は24人)。スポーツ走行はミニサーキットやジムカーナで遊ぶ程度、というワタクシは、ちょっと背伸びしてテクニコのクラスを受講することにしました。

ちなみに、この日の相棒はアバルト595コンペティツィオーネのシングルクラッチ式AT仕様。車重1120kgで最高出力180psという、FCA自慢のロケット小僧です。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595コンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事 ホームへ戻る