マセラティ・レヴァンテS(4WD/8AT)

駆ければ勇ましく 流せば紳士的 2016.05.21 試乗記 マセラティのSUV「レヴァンテ」がいよいよ公道に降り立った。マセラティのDNAは、同社史上初のSUVにどう受け継がれたのだろうか。ガソリンの上級グレード「レヴァンテS」に試乗した。

カッコいい、そしてデカい

そもそもが生粋のレーシングコンストラクターでありながら、市販車として1960年代から4ドアサルーンを手がけていたという史実をみても、マセラティというブランドはリベラルな社風があったのだろうか。そう考えられれば、マセラティがSUVを作るという事態に抱く戸惑いも軽くなるだろう――。

と、当初はそんなくらいの感じで捉えていたレヴァンテと、初めて対面したのは先のジュネーブモーターショーでのことだった。開始時間を散々引っ張った揚げ句、4台ほど束ねたスマホを両手に抱えてひょいと空いた一席に座ったのはグループを率いるマルキオンネ会長。余談ながら、氏がこの日も着用していたトレードマークのセーターは、ネクタイで有名なナポリのマリネッラのものらしい。いつも通販で買ってるみたいだね……と教えてくれたのは、マセラティの広報のお偉いさんだ。

やっとこさのアンベールとともに現れたレヴァンテをみての第一印象は、素直にカッコいい、そしてデカいだった。周囲に比較物のないショー会場で見てもそうなのだから、寸法はさぞやだろうと思っていたら、全長は5004mm、全幅は1968mmだという。

パフォーマンス、ユーティリティー、そしてセールスと、あらゆる面でターゲットとなるだろう「ポルシェ・カイエン」に対して明らかにひと回り大きく、「レンジローバー ヴォーグ」にほぼ並ぶサイズは、今後のライバルの動向も見据えての決定だろうか。何せプレミアムSUVカテゴリーは、ベントレーに次いでランボルギーニやロールス・ロイスの参入も確実視されている。もはやそれは、好むと好まざるとに関わらず、ビジネスとしてマストということなのだろう。

車名の「レヴァンテ」とは地中海に吹く風のこと。マセラティの車名には風にちなんだものが多く、その伝統を踏襲している。
車名の「レヴァンテ」とは地中海に吹く風のこと。マセラティの車名には風にちなんだものが多く、その伝統を踏襲している。
革をふんだんに用いた瀟洒(しょうしゃ)なインテリアはマセラティのみどころのひとつ。その特徴は「レヴァンテ」にも受け継がれている。
革をふんだんに用いた瀟洒(しょうしゃ)なインテリアはマセラティのみどころのひとつ。その特徴は「レヴァンテ」にも受け継がれている。
トライデント(三叉のやり)をかたどったマセラティのエンブレムがリアピラーを飾る。
トライデント(三叉のやり)をかたどったマセラティのエンブレムがリアピラーを飾る。
ボディーサイズは全長5004mm、全幅1968mmと大柄。ライバルと目される「ポルシェ・カイエン」よりひと回り大きい。
ボディーサイズは全長5004mm、全幅1968mmと大柄。ライバルと目される「ポルシェ・カイエン」よりひと回り大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴァンテの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る