トヨタの軽乗用車「ピクシス メガ」が一部改良

2016.05.18 自動車ニュース
「トヨタ・ウェイクGターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」 ボディーカラーは新色の「ミストブルーマイカメタリック」。
「トヨタ・ウェイクGターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」 ボディーカラーは新色の「ミストブルーマイカメタリック」。 拡大

トヨタ自動車は2016年5月17日、軽乗用車「ピクシス メガ」に一部改良を実施するとともに、新グレードの「レジャーエディション“SA II”」を設定し、販売を開始した。

ボディーカラーを新色の「パールホワイトIII×フレッシュグリーンメタリック」とした「Gターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」。
ボディーカラーを新色の「パールホワイトIII×フレッシュグリーンメタリック」とした「Gターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」。 拡大
「Gターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」のラゲッジルーム。
「Gターボ“SA II”レジャーエディション“SA II”」のラゲッジルーム。 拡大

トヨタ・ピクシス メガはトヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売している、トールワゴンタイプの軽乗用車であり、「ダイハツ・ウェイク」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、運転支援システムの「スマートアシストII」をベースグレード「D」を除く全車で標準装備としたほか、衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度域の拡大や、車線逸脱警報機能の追加など、機能性も強化。衝突警報機能は人も検知するようになった。

また、上り坂発進時に車の後退を防ぐ「ヒルホールドシステム」と、方向指示レバーを途中まで動かして手を離すと方向指示灯が3回点滅する「ワンタッチターンシグナル機能付き方向指示スイッチ」を全車に採用した。

このほかにも、エクステリアには新しいデザインのフードガーニッシュを採用。ボディーカラーは新色の「フレッシュグリーンメタリック」と「ミストブルーマイカメタリック」を含む9色の設定とし、このうちの5色では、有償でホワイトルーフとのツートンカラーも選択可能としている。

また、今回の改良に合わせて追加されたレジャーエディション“SA II”は、荷室や車内空間の機能性、利便性を高めた新グレードであり、汚れた荷物を気軽に置ける防水素材のイージーケアフロアや荷物の運搬に便利な固定フックなどが装備されている。

価格は135万円~184万1400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ピクシスメガトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • トヨタ、「ピクシス メガ」に「スマートアシストIII」を搭載 2017.12.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年12月12日、軽乗用車「ピクシス メガ」を一部改良し、2018年1月8日に発売すると発表した。衝突回避支援システムを従来の「スマートアシストII」から「スマートアシストIII」へと強化し、主要グレードに標準装備としている。
  • Nissan GT-R50 by Italdesign 2018.6.29 画像・写真 日産とイタルデザインが初の共同開発モデルとなるプロトタイプ車「Nissan GT-R50 by Italdesign」を公開。日産のGT-Rシリーズとイタルデザインの誕生50周年を記念したもので、独自のデザインだけでなく、高められた動力性能も特徴となっている。
  • コンサバなセダンなんて言わせない!
    トヨタ・クラウンの“挑戦の歴史”を振り返る
    2018.6.29 デイリーコラム コンサバなセダンと思ったら大間違い!? 1955年に誕生した初代から最新の15代目に至るまで、「トヨタ・クラウン」が歩んできた“挑戦の歴史”について、詳しくリポートする。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る