第3回:フォード・クーガ(森 慶太)

“いいクルマ”の典型 2016.06.01 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。

よくできたクルマの原稿は難しい

クーガ、どういうクルマか。「運転しやすく、乗って快適」……と書くと、アッという間に試乗記が終わってしまう。まだ2行。1行半強。具体的にどのようにできているクルマだから「運転しやすく、乗って快適」なのかを書けば、もうちょっと話が長く続く。なので、そのへんのことを。

クルマ好きなら毎日……ということでちょっと注意してイロイロ読んでもらうとわかると思いますが、クルマの試乗記の多くにおいて、その試乗記っぽい部分は往々にして、運転した人=書いている人がそのクルマに関して気になったことを書いている部分だったりする。ナニゴトもなく平和にコトが運んでいると、その間のことは書かれにくい。少なくともあんまりリアルには。

なぜ書かれにくいかというと、そもそも記憶に残るようなことが起きていなかったから。人間が自身の呼吸や歩行に関して特に意識することがないのと似て、ナニゴトも起きず平和にクルマが走っているときのこと(もちろん、それは極めて大事なところでありますが)をちゃんと書くのは、実はけっこう、難しい。極端な話、散々乗ったあげく「ナンかイイね」ぐらいしかなかったり……とかもする(実はそれが最高のホメ言葉という説もあります)。

「シート、よし」とか「右ハン環境、モンダイなし」とかに続いてのクーガの第一(?)印象としてあるのは、例えば車体がずいぶんガッチリしている。車体の軽量化がクルマ作り界の最新流行だというのを意識して書くなら、「いまのクルマには珍しく」というフレーズを追加してもいいかもしれない。主に燃費のために骨格を軽くしたぶん骨身がケズられちゃった感が、このクルマの場合はない。車体軽量化とある種セットで「一見静かなんだけど、ちょっと注意してみると実はいろんな雑振動が……」なんてのも最近はママありがちだけど、やはりクーガ、それとも違う。車体がガッチリできていて、なんというか、味が濃い。濃い味つけということではなくて、素材の味が。ハウス栽培系ではなく露地栽培系。現状これだけガッチリしていてくれたら、個人的には(笑)キラいな巨大ガラス屋根も気にならない。

第1回:ヘビーユーザーにこそ薦めたい(渡辺敏史)
→第2回:クーガを見ずしてSUVを選ぶなかれ(高山正寛)

→「フォード・クーガ」オフィシャルサイト

 

フォードの世界戦略を担うミドルサイズSUV「クーガ」。北米では「エスケープ」の名で販売されている。
フォードの世界戦略を担うミドルサイズSUV「クーガ」。北米では「エスケープ」の名で販売されている。
「クーガ」のインストゥルメントパネルまわり。パーキングブレーキのレバーの位置は仕向け地に応じて異なり、右ハンドル仕様が売られる日本では、センターコンソールの右側に備えられている。
「クーガ」のインストゥルメントパネルまわり。パーキングブレーキのレバーの位置は仕向け地に応じて異なり、右ハンドル仕様が売られる日本では、センターコンソールの右側に備えられている。
「タイタニアム」には、前半分が電動で開閉する、デュアルパネルサンルーフが装備される。
「タイタニアム」には、前半分が電動で開閉する、デュアルパネルサンルーフが装備される。
テールゲートを飾る「TITANIUM」のバッジ。「タイタニアム」は2リッターターボエンジンを搭載した上級グレードにあたる。
テールゲートを飾る「TITANIUM」のバッジ。「タイタニアム」は2リッターターボエンジンを搭載した上級グレードにあたる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート 2018.1.26 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Designファーストエディション」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。
ホームへ戻る