第3回:フォード・クーガ(森 慶太)

“いいクルマ”の典型 2016.06.01 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。

よくできたクルマの原稿は難しい

クーガ、どういうクルマか。「運転しやすく、乗って快適」……と書くと、アッという間に試乗記が終わってしまう。まだ2行。1行半強。具体的にどのようにできているクルマだから「運転しやすく、乗って快適」なのかを書けば、もうちょっと話が長く続く。なので、そのへんのことを。

クルマ好きなら毎日……ということでちょっと注意してイロイロ読んでもらうとわかると思いますが、クルマの試乗記の多くにおいて、その試乗記っぽい部分は往々にして、運転した人=書いている人がそのクルマに関して気になったことを書いている部分だったりする。ナニゴトもなく平和にコトが運んでいると、その間のことは書かれにくい。少なくともあんまりリアルには。

なぜ書かれにくいかというと、そもそも記憶に残るようなことが起きていなかったから。人間が自身の呼吸や歩行に関して特に意識することがないのと似て、ナニゴトも起きず平和にクルマが走っているときのこと(もちろん、それは極めて大事なところでありますが)をちゃんと書くのは、実はけっこう、難しい。極端な話、散々乗ったあげく「ナンかイイね」ぐらいしかなかったり……とかもする(実はそれが最高のホメ言葉という説もあります)。

「シート、よし」とか「右ハン環境、モンダイなし」とかに続いてのクーガの第一(?)印象としてあるのは、例えば車体がずいぶんガッチリしている。車体の軽量化がクルマ作り界の最新流行だというのを意識して書くなら、「いまのクルマには珍しく」というフレーズを追加してもいいかもしれない。主に燃費のために骨格を軽くしたぶん骨身がケズられちゃった感が、このクルマの場合はない。車体軽量化とある種セットで「一見静かなんだけど、ちょっと注意してみると実はいろんな雑振動が……」なんてのも最近はママありがちだけど、やはりクーガ、それとも違う。車体がガッチリできていて、なんというか、味が濃い。濃い味つけということではなくて、素材の味が。ハウス栽培系ではなく露地栽培系。現状これだけガッチリしていてくれたら、個人的には(笑)キラいな巨大ガラス屋根も気にならない。

第1回:ヘビーユーザーにこそ薦めたい(渡辺敏史)
→第2回:クーガを見ずしてSUVを選ぶなかれ(高山正寛)

→「フォード・クーガ」オフィシャルサイト

 

フォードの世界戦略を担うミドルサイズSUV「クーガ」。北米では「エスケープ」の名で販売されている。
フォードの世界戦略を担うミドルサイズSUV「クーガ」。北米では「エスケープ」の名で販売されている。
「クーガ」のインストゥルメントパネルまわり。パーキングブレーキのレバーの位置は仕向け地に応じて異なり、右ハンドル仕様が売られる日本では、センターコンソールの右側に備えられている。
「クーガ」のインストゥルメントパネルまわり。パーキングブレーキのレバーの位置は仕向け地に応じて異なり、右ハンドル仕様が売られる日本では、センターコンソールの右側に備えられている。
「タイタニアム」には、前半分が電動で開閉する、デュアルパネルサンルーフが装備される。
「タイタニアム」には、前半分が電動で開閉する、デュアルパネルサンルーフが装備される。
テールゲートを飾る「TITANIUM」のバッジ。「タイタニアム」は2リッターターボエンジンを搭載した上級グレードにあたる。
テールゲートを飾る「TITANIUM」のバッジ。「タイタニアム」は2リッターターボエンジンを搭載した上級グレードにあたる。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.4 試乗記 2015年10月の大幅改良により、新デザインのフロントマスクと2.3リッターターボエンジンが採用された「フォード・エクスプローラー」。0.3リッターの排気量アップが走りにもたらした変化確かめながら、あらためてエクスプローラーというクルマが持つ魅力に触れた。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る