フォルクスワーゲン、「ティグアン」を改良

2011.11.08 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、SUV「ティグアン」をマイナーチェンジ

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2011年11月8日、SUV「ティグアン」をマイナーチェンジし、発売した。

「ティグアン」は、2008年9月に日本で発売されたSUVモデル。導入時は、オン&オフロード両方のテイストを併せ持つ「トラック&フィールド」だけの設定だったが、その後、スポーツタイプの「スポーツ&スタイル」(2009年3月)、高性能版たる位置づけの「Rライン」(2009年10月)が追加されてラインナップの充実が図られた。さらに2010年9月には7段DSGの採用により、約20%の燃費向上を果たすなどの進化を遂げた。

今回のマイナーチェンジでは、熟成されたパワートレインを受け継ぎつつ、内外装のデザインや仕様変更、出力アップなどの改良が図られた。ラインナップは当面は「スポーツ&スタイル」の1タイプのみで、2012年春に「Rライン」が追加予定となっている。

エクステリアは、2011年1月に日本に導入された現行「トゥアレグ」と共通の水平基調のフロントグリルや、LEDランプ内蔵式ヘッドライトが採用され、リアコンビネーションランプも新デザインに改められた。また新デザインのアルミホイール(7J×17インチ)も採用された。

一方、内装には大きな変更は施されていないものの、標準のアルカンターラ&ファブリックシートのほかに、新色フューリオーソブラウンのレザーシートがオプション(27万3000円:受注生産)で用意された。また、ドライバーの集中力の低下を検知するとアラーム音や表示で休憩を促す「ドライバー疲労検知システム」が標準装備とされた。

エンジンは、2リッター直4DOHCターボの「2.0TSI」でこれまでと変わらないが、最高出力が9ps高められ、179ps/4500-6200rpmとなった。燃費は、11.6km/リッター(10・15モード)で変わっていない。

価格は、389万円。

(webCG 曽宮)

「ティグアン スポーツ&スタイル」
フォルクスワーゲン、「ティグアン」をマイナーチェンジ

フォルクスワーゲン、「ティグアン」をマイナーチェンジ

フォルクスワーゲン、「ティグアン」をマイナーチェンジ

フォルクスワーゲン、「ティグアン」をマイナーチェンジ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ティグアンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る