ボルボ、新型「40シリーズ」の方向性を披露

2016.05.19 自動車ニュース
ボルボは新型「40シリーズ」の方向性を示すコンセプトカーを2台発表した。写真はワゴンタイプ。
ボルボは新型「40シリーズ」の方向性を示すコンセプトカーを2台発表した。写真はワゴンタイプ。

スウェーデンのボルボ・カーズは2016年5月19日、新型「40シリーズ」のコンセプトカーを発表した。

「ボルボ・コンセプト40」(ワゴン)。
「ボルボ・コンセプト40」(ワゴン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
FFのPHV「T5ツインエンジン」(下)のランニングシャシー。直3ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせる。
FFのPHV「T5ツインエンジン」(下)のランニングシャシー。直3ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせる。

■EVやPHVも展開

ボルボが今回公開したコンセプトカーは、2017年に生産が始まる予定の40シリーズの方向性を示したもの。「エネルギッシュで斬新、そして魅力あふれる都会的な個性」を表現したと、同社でデザイン担当上級副社長を務めるトーマス・インゲンラート氏は語っている。

セダンとワゴンの2種類があり、ボルボが小型車向けに開発した新しいプラットフォーム「コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)」を使用している。同社は2025年までに電動化車両を累計で100万台販売する目標を掲げており、新しい40シリーズにも電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)が含まれる予定。

このプラグインハイブリッド車は「T5ツインエンジン」と呼ばれ、新型3気筒ガソリンエンジンと電気モーター、およびモーターに連結した新型7段デュアルクラッチ・トランスミッションで構成される。既存の「ツインエンジンAWD(オール・ホイール・ドライブ)」の構造を、小型車向けの前輪駆動システムに転用したものという。

外観と内装の斬新なデザイン、業界をリードするコネクティビティー(相互接続性)、車両の電動化、および自動運転技術などを前面に押し出し、市場規模が大きく、収益性も見込めるプレミアムコンパクトカー市場における事業拡大を目指す。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る