ボルボ、新型「40シリーズ」の方向性を披露

2016.05.19 自動車ニュース
ボルボは新型「40シリーズ」の方向性を示すコンセプトカーを2台発表した。写真はワゴンタイプ。
ボルボは新型「40シリーズ」の方向性を示すコンセプトカーを2台発表した。写真はワゴンタイプ。

スウェーデンのボルボ・カーズは2016年5月19日、新型「40シリーズ」のコンセプトカーを発表した。

「ボルボ・コンセプト40」(ワゴン)。
「ボルボ・コンセプト40」(ワゴン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
「ボルボ・コンセプト40」(セダン)。
FFのPHV「T5ツインエンジン」(下)のランニングシャシー。直3ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせる。
FFのPHV「T5ツインエンジン」(下)のランニングシャシー。直3ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせる。

■EVやPHVも展開

ボルボが今回公開したコンセプトカーは、2017年に生産が始まる予定の40シリーズの方向性を示したもの。「エネルギッシュで斬新、そして魅力あふれる都会的な個性」を表現したと、同社でデザイン担当上級副社長を務めるトーマス・インゲンラート氏は語っている。

セダンとワゴンの2種類があり、ボルボが小型車向けに開発した新しいプラットフォーム「コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー(CMA)」を使用している。同社は2025年までに電動化車両を累計で100万台販売する目標を掲げており、新しい40シリーズにも電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)が含まれる予定。

このプラグインハイブリッド車は「T5ツインエンジン」と呼ばれ、新型3気筒ガソリンエンジンと電気モーター、およびモーターに連結した新型7段デュアルクラッチ・トランスミッションで構成される。既存の「ツインエンジンAWD(オール・ホイール・ドライブ)」の構造を、小型車向けの前輪駆動システムに転用したものという。

外観と内装の斬新なデザイン、業界をリードするコネクティビティー(相互接続性)、車両の電動化、および自動運転技術などを前面に押し出し、市場規模が大きく、収益性も見込めるプレミアムコンパクトカー市場における事業拡大を目指す。

(webCG)

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • 「ボルボV40」にナビ付きで299万円の特別仕様車が登場 2017.12.28 自動車ニュース 「ボルボV40」に100台限定の特別仕様車「V40 T2ナビエディション」が登場。エントリーグレードの「T2キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムと純正ドライブレコーダーを標準装備している。価格はベース車から据え置きの299万円。
ホームへ戻る