第123回:あのレース映画の栄光と挫折を描くドキュメント
『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』

2016.05.20 エッセイ

興行的に惨敗した『栄光のル・マン』

スティーヴ・マックィーンの代表作が『栄光のル・マン』だと考える人は多いだろう。しかし、それは日本だけのことらしい。この映画は日本では大ヒットしたものの、世界的には興行的に惨敗している。モータースポーツ好きからは歓迎されたが、一般の映画ファンは戸惑い、評論家は酷評した。作品が公開された1971年の時点では、レースのリアリティーを追求するストイックな方法は理解されなかった。

『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』は、映画製作の過程と裏側の人間模様を取り上げたドキュメンタリーである。失われたと思われていた未使用フィルムやメイキング映像が発見され、デジタル処理でよみがえった。マックィーンの肉声が録音されたテープも見つかっている。作品に関わった人物のインタビューを新たに行い、当時の状況を明らかにしようと試みた。

登場するのは、脚本家のアラン・トラストマン、ビジネスパートナーで親友のボブ・レリア、レーシングドライバーのジョナサン・ウィリアムズ、デビッド・パイパーなど。最初の妻ニール・アダムスや息子のチャド・マックィーンも証言している。彼らの言葉から、超大作の製作現場が大混乱に陥った様子や、関わった多くの人物の人生を変えていった事情が浮き彫りになる。

©THE MAN & LE MANS LIMITED,2015
©THE MAN & LE MANS LIMITED,2015
 
第123回:あのレース映画の栄光と挫折を描くドキュメント 『スティーヴ・マックィーン その男とル・マン』の画像
©THE MAN & LE MANS LIMITED,2015
©THE MAN & LE MANS LIMITED,2015

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。