アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露

2016.05.20 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」

英アストンマーティンは2016年5月20日、イタリアで開催されるヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(開催期間:2016年5月21日~22日)で「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」を公開すると発表した。

 
アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露の画像
 
アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露の画像
 
アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露の画像
 
アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露の画像
 
アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露の画像

■アストンの“最新モード”とザガートの伝統を身にまとう

ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、アストンマーティンとイタリアンカロッツェリアのザガートによるコラボレーションモデルの最新作。両社の共作は1960年発表の「DB4GTザガート」以来、これで5作目となる。

デザインは、両社のデザインチームが密接なコラボレーションの下で手掛けた。エンジニアリングと開発については、イギリス・ゲイドンのアストンマーティン本社が行った。ボディーはカーボンファイバー製。大きな1ピースパネルを使うことにより、パネルの継ぎ目に現れる分割線を大幅に減らす工夫を施している。

エクステリアデザインでは、「One-77」由来のドアミラーや、「DB11」の流れをくむ彫刻的なリアエンド、リトラクタブルスポイラー、リアハッチなどに、アストンマーティンの現代的なデザイン要素が見て取れる。

ガラスエリアは鋭角的にボディーに回り込み、アグレッシブさを表現している。また、フロントホイールアーチの後方にはアストンマーティンデザインの象徴であるサイドストレーキ(フィン状の造形)が設けられている。

ルーフには、ザガートのアイコン的なデザイン処理であるダブルバブル(ルーフパネルが左右で盛り上がっている)が採用されている。ルーフラインはなだらかに後方に流れてリアウィンドウを形成し、特徴的なシルエットを作り出している。このアグレッシブなエクステリアに見合うようにと、自然吸気V12エンジンは600psまで強化された。

インテリアではアストンマーティンのクラフトマンシップが表現されており、ダッシュボードはヘリンボーンカーボンファイバーやアルマイト処理されたブロンズ、アニリンレザーなどを組み合わせている。また、ザガートのイニシャルである「Z」マークが、シートのヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで記されているほか、シートの側面やドア部には「Z」をかたどったユニークなキルティングがあしらわれている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る