アストン、ザガートとの最新コンセプトカーを披露

2016.05.20 自動車ニュース
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」
「アストンマーティン・ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」 拡大

英アストンマーティンは2016年5月20日、イタリアで開催されるヒストリックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」(開催期間:2016年5月21日~22日)で「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」を公開すると発表した。

■アストンの“最新モード”とザガートの伝統を身にまとう

ヴァンキッシュ ザガート コンセプトは、アストンマーティンとイタリアンカロッツェリアのザガートによるコラボレーションモデルの最新作。両社の共作は1960年発表の「DB4GTザガート」以来、これで5作目となる。

デザインは、両社のデザインチームが密接なコラボレーションの下で手掛けた。エンジニアリングと開発については、イギリス・ゲイドンのアストンマーティン本社が行った。ボディーはカーボンファイバー製。大きな1ピースパネルを使うことにより、パネルの継ぎ目に現れる分割線を大幅に減らす工夫を施している。

エクステリアデザインでは、「One-77」由来のドアミラーや、「DB11」の流れをくむ彫刻的なリアエンド、リトラクタブルスポイラー、リアハッチなどに、アストンマーティンの現代的なデザイン要素が見て取れる。

ガラスエリアは鋭角的にボディーに回り込み、アグレッシブさを表現している。また、フロントホイールアーチの後方にはアストンマーティンデザインの象徴であるサイドストレーキ(フィン状の造形)が設けられている。

ルーフには、ザガートのアイコン的なデザイン処理であるダブルバブル(ルーフパネルが左右で盛り上がっている)が採用されている。ルーフラインはなだらかに後方に流れてリアウィンドウを形成し、特徴的なシルエットを作り出している。このアグレッシブなエクステリアに見合うようにと、自然吸気V12エンジンは600psまで強化された。

インテリアではアストンマーティンのクラフトマンシップが表現されており、ダッシュボードはヘリンボーンカーボンファイバーやアルマイト処理されたブロンズ、アニリンレザーなどを組み合わせている。また、ザガートのイニシャルである「Z」マークが、シートのヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで記されているほか、シートの側面やドア部には「Z」をかたどったユニークなキルティングがあしらわれている。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンキッシュアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【試乗記】 2018.7.13 試乗記 「アストンマーティンDB11ヴォランテ」に試乗した。その成り立ちを少々乱暴に表すならば、「V8クーペ」のオープントップモデル。しかしながらヴォランテは、クーペとも「V12」とも違う楽しみ方ができる、独自の魅力を備えたクルマに仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(4WD/7AT)【試乗記】 2018.7.9 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター」に試乗した。全長4.8m級のボディーに最高出力740psの6.5リッターV12エンジンを搭載。それでいながら乗車定員2人という“浮世離れ”したモンスターマシンは、どのような世界を見せてくれるのだろうか――。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る