サーキット走行をイメージした「ゴルフGTI」限定発売

2016.05.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」。アンベールは、フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア代表取締役(写真左から3人目)が行った。
「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」。アンベールは、フォルクスワーゲン グループ ジャパンのティル・シェア代表取締役(写真左から3人目)が行った。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年5月21日、高性能ハッチバックモデル「ゴルフGTIクラブスポーツ」の日本導入を発表。同日、その第1弾となる「トラックエディション」の受注を、400台限定で開始した。

フロントまわりは、専用デザインのバンパーやハニカムグリルでドレスアップされる。
フロントまわりは、専用デザインのバンパーやハニカムグリルでドレスアップされる。
最高出力265psを発生するエンジン。ブースト機能が働くと、さらに25psが上乗せされる。
最高出力265psを発生するエンジン。ブースト機能が働くと、さらに25psが上乗せされる。
リアビュー。リアスポイラーや19インチホイールが目を引く。
リアビュー。リアスポイラーや19インチホイールが目を引く。
赤い差し色で飾られるインテリア。ステアリングホイールは、アルカンターラ巻き。
赤い差し色で飾られるインテリア。ステアリングホイールは、アルカンターラ巻き。
前席は専用のレカロ製スポーツシートとなる。
前席は専用のレカロ製スポーツシートとなる。
後席の様子。前席同様、座面や背もたれにはストライプが入れられる。
後席の様子。前席同様、座面や背もたれにはストライプが入れられる。
発表会場で行われたデモランのワンシーン。
発表会場で行われたデモランのワンシーン。

■10秒使える“ブースト機能”を搭載

フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツは、ゴルフGTIの生誕40周年を記念して開発された限定モデル。その中でもサーキット走行をイメージし、最も走りに特化したグレードであるトラックエディションが、クラブスポーツ導入の第1弾モデルに選ばれた。

パワートレインは、現行型「ゴルフR」の2リッター直4 TSIエンジンをベースに改良を加えたもので、現行ゴルフGTI比45psアップとなる最高出力265ps/5350-6600rpm、最大トルク35.7kgm/1700-5300rpmを発生する。トランスミッションは6段DSG(AT)が組み合わされ、ブースト機能が追加される。これは、ドライビングプロファイル機能でスポーツモードを選択しているかシフトモードが“S”の場合、ギアが3速以上の状況でアクセルペダルを深く踏み込むと、約10秒の間、最高出力が290ps、最大トルクが38.8kgmにまで引き上げられるもの。より力強い加速を得たい状況で頼りになる機能である。

足まわりには専用デザインの19インチアルミホイールや大径ベンチレーテッドブレーキディスク(前:340mm、後ろ:312mm)がおごられる。さらに、電子制御油圧式フロントディファレンシャルロックやアダクティブシャシーコントロール“DCC”を標準装備。これらにより、曲がる、止まるという走りの重要な要素が大幅にアップグレードされている。

エクステリアもドレスアップが図られており、エアディフレクターを備えたフロントバンパーや大型化したリアスポイラーなどで空力性能を向上。エアロパーツやサイドストライプ、ルーフをブラック化することでゴルフGTI標準車との差別化が図られ、よりスポーティーな印象となっている。

専用レカロ製スポーツシートやアルカンターラ巻きステアリングホイールを採用したインテリアは、ドライバーの気分を高揚させるだけでなく、サーキットなどでのスポーツ走行にも配慮したもの。人気のオプションであるナビゲーション付きインフテインメントシステム“Discover Pro”が標準装備となるのもポイントだ。

価格は469万9000円。販売台数は400台の限定で、ボディーカラーは「ピュアホワイト×ブラックルーフ」と「カーボンスチールメタリック×ブラックルーフ」の2色(各200台限定)が用意される。

今回、初公開の舞台に選ばれたのは、東京都江東区で開催されたフォルクスワーゲンのファン感謝イベント「Volkswagen Day 2016」。このイベントに間にあわせるために、ドイツで生産されたばかりの日本仕様クラブスポーツを空輸したという。お披露目後には、会場内に設置された特別コースにて、ピストン西沢氏によるデモンストレーションランも行われ、来場者たちを喜ばせた。

なお、クラブスポーツには、シートなどを変更し日常での使い勝手を向上させた「ストリートエディション」も設定されており、こちらも2016年内に導入される予定だ。

(文と写真=大音安弘)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6MT)【試乗記】 2016.1.19 試乗記 220psのエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のスポーツグレード「GTI」に、3ペダルの6段MT仕様が登場。そこに優秀なデュアルクラッチ式AT仕様を避けてまで選ぶほどの“操る喜び”はあるか。箱根のワインディングロードで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る