「ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「デューン」上陸

2016.05.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年5月21日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の派生モデル「ザ・ビートル デューン」を発表。同日、500台限定で販売を開始した。

デザインの元となった往年のモデル「Baja Bug」(写真右)とのツーショット。
デザインの元となった往年のモデル「Baja Bug」(写真右)とのツーショット。
専用のファブリックスポーツシート。
専用のファブリックスポーツシート。
ステアリングホイールには、イエローのステッチが施される。
ステアリングホイールには、イエローのステッチが施される。
「ザ・ビートル」の中で唯一となる、1.4リッター直4ターボエンジン。
「ザ・ビートル」の中で唯一となる、1.4リッター直4ターボエンジン。
「ザ・ビートル デューン」は、東京都江東区で開催されたフォルクスワーゲンのファン感謝イベント「Volkswagen Day 2016」で初公開された。会場には、その実車見たさに足を運んだ来場者もちらほら。フォルクスワーゲンの手でカスタムされた限定車の、人気の高さがうかがえた。
「ザ・ビートル デューン」は、東京都江東区で開催されたフォルクスワーゲンのファン感謝イベント「Volkswagen Day 2016」で初公開された。会場には、その実車見たさに足を運んだ来場者もちらほら。フォルクスワーゲンの手でカスタムされた限定車の、人気の高さがうかがえた。

■往年のファンカーがモチーフ

今回のザ・ビートル デューンは、ザ・ビートル初となるクロスオーバーモデル。1960~70年代に米国カリフォルニアで一世を風靡(ふうび)したビートルベースのラフロードカー「Dune Buggy(デューンバギー)」や「Baja Bug(バハバグ)」をモチーフにしたものだ。

エクステリアは、アンダーガード付き前後バンパーやブラックのホイールアーチなど専用アイテムを装着。愛らしいザ・ビートルをスポーティーかつワイルドに生まれ変わらせた。専用サスペンションと18インチアルミホイールにより、車高は標準的なザ・ビートルより15mmアップ。バギーのイメージが演出されている。ボディーカラーは、鮮やかな新色「サンドストームイエローメタリック」に限られる。

専用のスポーツシートが備わるインテリアについても、ステアリングホイールほか各所にイエローステッチを採用し、インストゥルメントパネルをボディー同色とするなど、トータルでコーディネートされている。

パワーユニットには、ザ・ビートルのカタログモデルに見られる1.2リッター直4ターボや2リッター直4ターボとは異なる、1.4リッター直4ターボ(最高出力150ps/5000-6000rpm、最大トルク25.5kgm/1500-3500rpm)を採用。ブルーモーションテクノロジーを取り入れた1.4リッターTSIエンジンと7段DSGの組み合わせは、日本仕様のザ・ビートルとしては初である。アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムも備わっており、パワフルさと燃費の良さを両立したとうたわれる。JC08モードの燃費は、18.3km/リッター。ザ・ビートルの1.2リッター車(17.6km/リッター)よりも優れた値となっている。

このほか、バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付き)、純正ナビゲーションシステム“714SDCW”、パドルシフト、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、2ゾーンフルオートエアコンディショナーなど、充実した装備もセリングポイントのひとつである。

価格は321万9000円。500台限定で販売される。

(文と写真=大音安弘)

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン(FF/7AT)【試乗記】 2016.6.14 試乗記 500台の限定車として日本に導入された、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「ザ・ビートル デューン」。試乗してみると、ユニークでファニーなルックスからは意外なほどのスポーティーさやまじめな作りが見えてきた。
  • 「ザ・ビートル」に100台限定の豪華仕様 2014.11.11 自動車ニュース 日本に導入されていない「ザ・ビートル」の上級グレードが、100台限定で上陸。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • 「キャデラックATS」にシルバーの特別仕様車が登場 2017.5.18 自動車ニュース 「キャデラックATSセダン」に特別仕様車「シルバームーンライトエディション」が登場。専用ボディーカラーの「シルバームーンライトメタリック」が特徴で、電動スライディングルーフやブラッシュドアルミナムトリムなどが特別装備される。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
ホームへ戻る