「ザ・ビートル」のクロスオーバーモデル「デューン」上陸

2016.05.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン」
「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デューン」

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年5月21日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の派生モデル「ザ・ビートル デューン」を発表。同日、500台限定で販売を開始した。

デザインの元となった往年のモデル「Baja Bug」(写真右)とのツーショット。
デザインの元となった往年のモデル「Baja Bug」(写真右)とのツーショット。
専用のファブリックスポーツシート。
専用のファブリックスポーツシート。
ステアリングホイールには、イエローのステッチが施される。
ステアリングホイールには、イエローのステッチが施される。
「ザ・ビートル」の中で唯一となる、1.4リッター直4ターボエンジン。
「ザ・ビートル」の中で唯一となる、1.4リッター直4ターボエンジン。
「ザ・ビートル デューン」は、東京都江東区で開催されたフォルクスワーゲンのファン感謝イベント「Volkswagen Day 2016」で初公開された。会場には、その実車見たさに足を運んだ来場者もちらほら。フォルクスワーゲンの手でカスタムされた限定車の、人気の高さがうかがえた。
「ザ・ビートル デューン」は、東京都江東区で開催されたフォルクスワーゲンのファン感謝イベント「Volkswagen Day 2016」で初公開された。会場には、その実車見たさに足を運んだ来場者もちらほら。フォルクスワーゲンの手でカスタムされた限定車の、人気の高さがうかがえた。

■往年のファンカーがモチーフ

今回のザ・ビートル デューンは、ザ・ビートル初となるクロスオーバーモデル。1960~70年代に米国カリフォルニアで一世を風靡(ふうび)したビートルベースのラフロードカー「Dune Buggy(デューンバギー)」や「Baja Bug(バハバグ)」をモチーフにしたものだ。

エクステリアは、アンダーガード付き前後バンパーやブラックのホイールアーチなど専用アイテムを装着。愛らしいザ・ビートルをスポーティーかつワイルドに生まれ変わらせた。専用サスペンションと18インチアルミホイールにより、車高は標準的なザ・ビートルより15mmアップ。バギーのイメージが演出されている。ボディーカラーは、鮮やかな新色「サンドストームイエローメタリック」に限られる。

専用のスポーツシートが備わるインテリアについても、ステアリングホイールほか各所にイエローステッチを採用し、インストゥルメントパネルをボディー同色とするなど、トータルでコーディネートされている。

パワーユニットには、ザ・ビートルのカタログモデルに見られる1.2リッター直4ターボや2リッター直4ターボとは異なる、1.4リッター直4ターボ(最高出力150ps/5000-6000rpm、最大トルク25.5kgm/1500-3500rpm)を採用。ブルーモーションテクノロジーを取り入れた1.4リッターTSIエンジンと7段DSGの組み合わせは、日本仕様のザ・ビートルとしては初である。アイドリングストップ機能とブレーキエネルギー回生システムも備わっており、パワフルさと燃費の良さを両立したとうたわれる。JC08モードの燃費は、18.3km/リッター。ザ・ビートルの1.2リッター車(17.6km/リッター)よりも優れた値となっている。

このほか、バイキセノンヘッドライト(ハイトコントロール機能付き)、純正ナビゲーションシステム“714SDCW”、パドルシフト、スマートエントリー&スタートシステム“Keyless Access”、2ゾーンフルオートエアコンディショナーなど、充実した装備もセリングポイントのひとつである。

価格は321万9000円。500台限定で販売される。

(文と写真=大音安弘)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル ターボ(FF/6AT)【試乗記】 2013.12.8 試乗記 フォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」に、先代「ゴルフGTI」の心臓部を積んだ「ザ・ビートル ターボ」が登場。動力性能は文句なし。天下のフォルクスワーゲンが本気で作ったファンカーに似合うオーナー像とは?
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンが8車種の先進装備を強化 2017.7.20 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年7月20日、純正インフォテインメントシステムの「Composition Media(コンポジションメディア)」およびナビゲーション機能が付いた「Discover Pro(ディスカバー プロ)」の機能強化に加え、一部モデルの装備を充実させ、販売を開始した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る