第26回:次世代欧州コンパクト来た~っ! 
“ボルボ新プレミアムスニーカー”作戦を暴く

2016.05.24 エッセイ
ボルボのコンセプトカー「40.1」デザイン担当上級副社長トーマス・インゲンラート氏。

ドイツ勢に宣戦布告? ボルボが新しいデザインとプラットフォームからなる、新世代のコンパクトカー戦略を発表。会場に展示されたコンセプトカーとプラダの高級スニーカーを前に、小沢コージが感じたこととは?

コンセプトカーの「40.2」。
スウェーデンはイエテボリに位置するボルボの本社。
今回はボルボの新しいコンパクトカー用プラットフォーム「CMA」の取材がメインだったのだが……。

ボルボ新プレミアム戦略第2の矢とは?

まさかこういう戦略で来るとはね。やられましたよ、トーマス・インゲンラートさん。

先日上陸した2代目「XC90」で、かつてないプレミアム路線にスイッチした新世代ボルボ。小沢的には“北欧のレンジローバー”とも言いたくなる、スカンジナビアンかつロイヤルムードプンプンの味わいが面白く、ソイツが予想以上に日本でも受け入れられて現在受注500台突破と、まずは大成功! ただ、本当の勝負はこれからというか、「ゴルフ」クラスでありコンパクト。「V40」「XC40」あたりの普及クラスだろうと小沢は想定していました。

というのも800万円前後の「90シリーズ」なら、SPAってお金をかけた新型プラットフォームを楽勝で使え、電池をふんだんに使った1000万円オーバーのプラグインハイブリッドも作れるじゃないですか。

しかし下のクラスはそれほど素材費も手間ヒマもかけられないし、出るって話の新世代コンパクトプラットフォーム「CMA」はなにがミソなのかなと思ってたわけです。
で、先日スウェーデンはイエテボリの発表会に行ってビックリ。CMAもユニークだけど、それ以上にデザイン戦略が大胆だったのだ。言うなれば変幻自在のボルボ“新プレミアムスニーカー作戦”。一部独自解釈なので、デザイン部門トップのトーマスさんには「分かってない!」って怒られちゃうかもしれないけどね(苦笑)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』