スズキ・バレーノXT(FF/6AT)

本格派の手応えアリ 2016.05.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。

「ハンドル以外はフツーだね」

「ひょっとしてこれ、ちょっとフォードあたりを意識して作ってきてるっぽくないですか?」とか「そういえば、ウワサによるとスズキは『フォーカス』、参考用に買ってもってるらしいですよ」とか、そういう話がでたりもしたのであった。どこでかというと、バレーノ試乗体験ありの、筆者をふくむ某グループというかナンというかのウチワのちょっとした雑談のなかで。

いまのクルマのなかで、乗り心地の快適さや運転しやすさの方面においてフォードはひとつのお手本で……というのがまず前提としてあって、したがってバレーノ、結論的にはなかなか、あるいはもっと、見どころがある。“日本車”にしては。ホントにフォードを意識したなら目のつけどころがナイスだし、いいクルマのなんたるかをわかっている。運転してみて惜しいところやもっと頑張ってほしいところがあったりはしても、方向としては大いに正しい……のではないか。

記憶内の時刻をジーッと巻き戻して第一印象。ホントの一発めは走りだす前の「おお!! ハンドルのテレスコピック調整機構がついてる!!」だったのだけど、走りだしてからの一発めの「おお!!」はハンドル手応え関係。具体的には、「ああ、フリクションだあ」といいたくなる種類のそれがミョーに強いのと、それと電動アシストの戻し制御。ハンドルをグイッときったところから、明らかにタイヤのセルフアライニングトルクとは違うチカラが介入してくる。電気モーターでギュイッと。これがまた、ミョーに強い。日本車じゃないみたく。ただし、ワーゲンあたりの戻し側アシストはもっとこう……。スーッ→ピタッ。っと。

「で、それ以外は全体にフツーだね」と筆者は言った。言ったんですねえ。助手席の人に向かって。「アクセル関係にしろブレーキ関係にしろ、初めて運転してギョッとするようなところはないよ」。これ、ハッキリ覚えております。

「バレーノ」の上級グレード「XT」のインストゥルメントパネルまわり。本革巻きのステアリングホイールやフルオートエアコンが装備される。
「バレーノ」の上級グレード「XT」のインストゥルメントパネルまわり。本革巻きのステアリングホイールやフルオートエアコンが装備される。

「XT」のフロントシート。テスト車には、セットオプションで用意される本革シート表皮やセンターアームレストなどが採用されていた。


	「XT」のフロントシート。テスト車には、セットオプションで用意される本革シート表皮やセンターアームレストなどが採用されていた。

6:4分割可倒式のリアシート。前後席間距離は805mmとなっている。


	6:4分割可倒式のリアシート。前後席間距離は805mmとなっている。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1745×1470mm、ホイールベース=2520mm。同じBセグメントの「スイフト」と比べると、全長、全幅が大きく、全高は低めとなっている。


	ボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1745×1470mm、ホイールベース=2520mm。同じBセグメントの「スイフト」と比べると、全長、全幅が大きく、全高は低めとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.4.8 試乗記 日本の道路事情にマッチしたボディーサイズと、ユニークなデザインで注目を集めるコンパクトクロスオーバーの「スズキ・イグニス」。では、その走りや使い勝手の実力はどれほどのものなのか? 最上級グレードを借り出し、その出来栄えを確かめた。
  • スズキ・イグニス ハイブリッドMZ(FF/CVT)/イグニス ハイブリッドMZ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.2.24 試乗記 ありそうでなかったAセグメントのクロスオーバーSUV「スズキ・イグニス」。“軽自動車のちょっと上”という絶妙なボディーサイズと、多彩なシートアレンジをはじめとした使い勝手のよさ、そして“メガネ顔”のファニーなデザインが織り成す、その魅力に触れた。
ホームへ戻る