アウディQ7 3.0 TFSIクワトロ(4WD/8AT)

あらがいがたい高級感 2016.05.26 試乗記 ボディーの約4割をアルミ化して、旧型比で最大300kgものダイエットに成功した新型「アウディQ7」。新登場の2リッターモデルをダウンサイズの象徴として応援したいところだが、「3.0 TFSIクワトロ」のリッチは味わいには、あらがいがたい魅力があるのも確かだ。

ライトウェイト大型SUV!?

アウディQシリーズの最高峰、Q7は、こんどのフルチェンジで大胆なダウンサイジングを敢行した。
ボディー全長が5090mmから5070mmに、2cm小さくなった。というのは「カッコ笑い」だが、車重は旧型比で最大300kgも軽くなっている。白鵬がふたり降りた感じだ。10年ぶりのフルチェンジでプラットフォームを刷新し、ボディーの4割をアルミ化するなどの成果だという。新型はドア、フロントフェンダー、ボンネット、テールゲートがアルミ製である。
さらにエンジンのダウンサイジングが大きく進んだ。日本仕様にも以前あったV8は落とされ、3リッターV6スーパーチャージャーが最大エンジンになり、2リッター4気筒ターボが新規参入した。

大幅な軽量化の結果、このクラスの大型SUVとしてはライトウェイトになった、とはいうものの、2tは下らない。そんなフルサイズ重量四駆がガソリンの2リッターエンジンで動くようになったのだから、欧州メーカー発の“ダウンサイジングターボ”もいよいよ本物になってきた。

例の問題で、フォルクスワーゲンアウディ車のディーゼル導入は遅れている。アウディはまず「A4」から始まる予定で、Q7のディーゼルはまだ少し先になるという。
今回試乗したのは、大きいほうの3リッターV6モデル。価格は2リッターより125万円高い929万円だが、試乗車にはさらに260万円あまりのオプションが盛られていた。

今回試乗した「Q7 3.0 TFSIクワトロ」のスリーサイズは5070×1970×1705mm。車重は2160kg。
今回試乗した「Q7 3.0 TFSIクワトロ」のスリーサイズは5070×1970×1705mm。車重は2160kg。
インパネは直線基調かつミニマルなデザイン。エアコンのエアベントが助手席方向いっぱいに伸びている。
インパネは直線基調かつミニマルなデザイン。エアコンのエアベントが助手席方向いっぱいに伸びている。
パーシャルレザーの標準シート(写真)。オプションでスポーツシートやコンフォートシートも選択可能。
パーシャルレザーの標準シート(写真)。オプションでスポーツシートやコンフォートシートも選択可能。
新型「Q7」のボディーは空力的にも優れている。Cd値は最良のモデルで0.31。
新型「Q7」のボディーは空力的にも優れている。Cd値は最良のモデルで0.31。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q7の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る