「トヨタ・ハリアー」にスタイリッシュな内装の特別仕様車

2016.05.23 自動車ニュース
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」
「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”」

トヨタ自動車は2016年5月23日、「ハリアー」の特別仕様車「PREMIUM“Style ASH”(プレミアム“スタイルアッシュ”)」「PREMIUM“Advanced Package・Style ASH”(プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”)」を発表した。同年6月1日に発売する。

 
「トヨタ・ハリアー」にスタイリッシュな内装の特別仕様車の画像
 
「トヨタ・ハリアー」にスタイリッシュな内装の特別仕様車の画像

今回の特別仕様車は、装備充実のグレード「プレミアム」と、プレミアムに先進安全装備やカーナビゲーションシステムなどを加えた「プレミアム “アドバンストパッケージ”」がベース。
最大の特徴はグレー基調の内装で、ウルトラスエードと合成皮革を組み合わせた専用シートや、インストゥルメントパネル、ドアトリムなどに、専用の内装色であるウォームグレーを採用。さらに、随所にライトグレーのステッチが施されている。

このほか、以下の特別装備が与えられる。
・ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール
・ヘアライン調加飾のシフトパネル
・専用18インチアルミホイール(ブラック塗装、切削光輝加工)
・運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付き)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリングおよびシート)
・快適温熱シート(運転席および助手席)

ラインナップと価格は、以下の通り。ボディーカラーは、特別設定色ブルーメタリックを含む全5色が用意される。

【ハリアー プレミアム“スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):323万7055円
・ガソリン車(4WD車):343万1455円
・ハイブリッド車(4WD車):413万2473円

【ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ スタイルアッシュ”】
・ガソリン車(FF車):379万7673円
・ガソリン車(4WD車):399万2073円
・ハイブリッド車(4WD車):469万2109円

(webCG)

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る