スズキ、低燃費の次世代コンパクトカーを出展【東京モーターショー2011】

2011.11.08 自動車ニュース

【東京モーターショー2011】スズキ、低燃費の次世代グローバルコンパクトカーを出展

スズキは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、軽量化と空力性能を追求した、次世代グローバルコンパクトカーのコンセプトモデル「REGINA(レジーナ)」を出展する。

ワールドプレミアとなる「レジーナ」は、全長×全幅×全高=3550×1630×1430mmのサブコンパクトカー。
デザインは、「空力と軽量化と居住性とをバランスさせながら、躍動感と大人が似合うエレガントさを両立」したという。本当に大人に似合うかどうかはさておき、特徴的なウィンドウグラフィックや流れるようなデザインのサイドのキャラクターライン、ユニークなフロントマスクなど、コンパクトカーのイメージを変えるには十分なインパクトがある。

インテリアも、エクステリア同様、流れるようなデザインを採用。ナビゲーションシステムとオーディオ、エアコンを統合した「フローティングインターフェイス」は、見た目の新しさに加えて、限られた室内空間を広く使う工夫が凝らされている。

パワーユニットは800ccの直噴ガソリンターボエンジンにCVTが組み合わされる。
軽量プラットフォームを採用するとともに、使用する素材を見直すことで730kgという軽自動車なみの車重を実現。さらに、減速エネルギー回生機構、アイドリングストップ、低ころがり抵抗タイヤなどの採用により、JC08モード燃費で約32km/リッターと、ハイブリッドカーに迫る低燃費を達成した。なお、欧州複合モードでのCO2排出量は70g/km以下を実現したということだ。

(文=生方聡)

「REGINA(レジーナ)」
「REGINA(レジーナ)」

スズキ、低燃費の次世代コンパクトカーを出展【東京モーターショー2011】の画像

スズキ、低燃費の次世代コンパクトカーを出展【東京モーターショー2011】の画像
スズキ、低燃費の次世代コンパクトカーを出展【東京モーターショー2011】の画像

スズキ、低燃費の次世代コンパクトカーを出展【東京モーターショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。