ジープ・グランドチェロキー サミット(4WD/8AT)

快適さと価格が魅力 2016.05.27 試乗記 ダイムラーとの協業によって誕生した現行型「グランドチェロキー」。5.7リッターV8エンジンを搭載した上級グレード「サミット」の走りを試すとともに、高級SUVとしての“お買い得度”を検証した。

くるか!? ドロドロ音

現行の4代目グランドチェロキーは2010年に登場した。もうお忘れの方もいるかもしれないが、クライスラーは1998~2007年、ダイムラーと合併していた。その間にメルセデス・ベンツとの間でいくつかのプラットフォームを共用してそれぞれの製品を開発した。4代目グランドチェロキーもそう。発売されたタイミングにはすでに両社は袂(たもと)を分かっていたが、その前に開発した関係で「メルセデス・ベンツMクラス」(現「GLE」)とプラットフォームを共用している。その後、クライスラーはフィアットと結婚してFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)となった。4代目はつまり連れ子的な存在といえるかもしれない。

現行グランドチェロキーにはV6搭載モデルとV8搭載モデルがある。V6も悪くない。動力性能面で不満はない。ただ、クロスプレーンのV8エンジンが発するドロドロという音と回転フィーリングがないと雰囲気出ないじゃん、やっぱり。というのが、V8を搭載するサミットを今回の話の種に選んだ理由。

サミットが搭載するV8エンジンは、5.7リッター自然吸気のOHV。燃焼室の形状に由来してHEMI(ヘミ)エンジンと呼ばれる。エンジンを始動する。くるか? 待ち合わせ場所である早朝の東新宿にドロドロ音を轟(とどろ)かせるか!? と思ったが、全然こなかった。最新のヘミはアイドリングだと、かかっているのかいないのかわからないほど静かで、回転フィーリングはデッドスムーズだった。

ジープブランドの最上級モデルである「グランドチェロキー」。現行モデルは2010年に登場した4代目にあたる。
ジープブランドの最上級モデルである「グランドチェロキー」。現行モデルは2010年に登場した4代目にあたる。
「サミット」のインストゥルメントパネルまわり。同グレードには18基のスピーカーと1基のサブウーハーを備えたHarman Kardon製プレミアムサウンドシステムが標準装備される。
「サミット」のインストゥルメントパネルまわり。同グレードには18基のスピーカーと1基のサブウーハーを備えたHarman Kardon製プレミアムサウンドシステムが標準装備される。
シート表皮はレザー。前後席ともにヒーターが内蔵されているほか、前席にはベンチレーション機能も備わっている。
シート表皮はレザー。前後席ともにヒーターが内蔵されているほか、前席にはベンチレーション機能も備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る