第451回:“カルブラトリスタ”いまだ健在!
イタリア修理工場事情

2016.05.27 エッセイ

毎週壊れるクルマとともに

イタリア在住の筆者は先日、わが家の自動車の維持費用(燃料代除く)を算出してみた。クルマは、140psのディーゼルエンジンを搭載するコンパクトカーだ。

以下、日本円に換算すると――
・メーカー指定の定期点検(メーター内ディスプレイに「整備に来い」マークが出る、あれ):約4万3000円
・タイヤ交換+保管手数料×2回:約1万5000円
・自動車税(州税):約3万5000円
・保険(幸い最良等級):約3万9000円
・車検(2年に1回。1年あたり):約4000円

しめて約13万6000円である。

できれば、タイヤ交換の費用と、それにかかる時間を節約したいのが本心だ。しかしボクの住む州では冬期、チェーン携帯もしくは冬タイヤ装着が義務なので、致し方ない。しかしながら、日本に比べて車検が安いのはありがたいので、まあよしとしている。

ということで、今回はクルマの整備にまつわる話をしよう。イタリア在住3年目の1998年、ボクは12年落ちの「ランチア・デルタ」を買った。「インテグラーレ」ではなく、ノルマーレ(標準仕様)である。当時の日本円換算にして約27万円だった。今以上に生活が安定せず、この先イタリアに住み続けられるかどうかも不透明な時期だったので、わが家にとっては大きな出費であった。

にもかかわらず、毎週のように何かが起きる。クルマに乗りかけた女房から「これ……」と渡されたものを何かと見れば、外れたドアノブだった。電光石火のギアチェンジを決めようとしたら、いきなりシフトノブが抜けて飛んでいったこともあった。そのときも、助手席にいた女房が見事に受け止めてくれた。

1998年に筆者が購入した「ランチア・デルタLX」。
同じく「デルタLX」のスナップ。喜び勇んでランチアのファンミーティングに参加したものの、オーバーヒートを喫してしまった。
解体屋さんで(部品が取れる)同じクルマを見つけたときは、うれしかったものだ。今は安全上の理由で関係者以外は立ち入り禁止だが、当時は、事務所に顔を出せば、勝手にクルマを物色できた。
一時期、ボクが住む街の解体工場外にはクルマが複数放置されていて、勝手に部品を取っていったと思われる形跡がみられたものだ。2005年撮影。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。