プジョーが新型「3008」の概要を発表

2016.05.25 自動車ニュース
新型「プジョー3008」
新型「プジョー3008」

仏プジョーは2016年5月23日、新型「3008」の概要を発表した。

 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「3008」の概要を発表の画像

■次世代の「i-Cockpit」を採用

新型プジョー3008は、2016年10月のパリモーターショーで世界初公開される予定の、CセグメントのSUVである。

最大のトピックは、新しい「i-Cockpit」の採用にある。i-Cockpitとは、小径のステアリングホイールと、その上から見る形となるメーターの配置などを特徴とした、プジョーのインテリアデザインだ。

今回の3008では、ドライバーの視界と足元スペースを広げるため、フラットな形状の小径ステアリングホイールを採用。グレードによってはフルレザー仕様に加え、クロム仕上げや光沢のあるブラックトリムを用いたものも用意している。また、ダッシュボードの中央には8インチのタッチスクリーンを装備しており、6連式のスイッチとともにラジオや温度調整、ナビゲーション、オンボードコンピューターなどの操作を可能としている。さらに、運転席の正面には12.3インチスクリーンのヘッドアップ・インストゥルメントパネルを採用。ディスプレイモードは5種類で、ステアリングホイールのボタンで操作することができる。

一方、エクステリアについてはホイールアーチやバンパースカートなどのプロテクトパーツ、ルーフバー、大径のホイールなどがSUVらしさを強調。直立したフロントエンドや長くフラットなボンネット、高めのウエストラインなどが特徴として挙げられている。

■新しいプラットフォームで100kgの軽量化を実現

パワーユニットの種類は豊富で、ガソリンエンジンには最高出力130psの1.2リッターターボと、165psの1.6リッターターボを用意。ディーゼルエンジンは1.6リッターと2リッターで、前者には100psと120ps、後者には150psと180psの仕様が用意されている。トランスミッションは6段MTと6段ATの2種類で、1.2リッターガソリンエンジンの6MT車、1.6リッターディーゼルエンジン(120ps)の6MT車には、それぞれ超低燃費仕様も用意されている。

一方、プラットフォームには現行型「308」などにも用いている「EMP2」を採用。車両重量については先代モデルより平均で100kgの軽量化を実現しており、ガソリン車で1325kg、ディーゼル車で1375kgに低減している。またEMP2の採用はスペース効率の改善にも寄与しており、先代モデルより広い室内空間およびラゲッジスペースを実現しているという。

また、急な坂道での走行をアシストする「ヒル・アシスト・ディセント・コントロール(HADC)」や、センターコンソールのノブで「ノーマル」「スノー」「マッド」「サンド」「OFF」の5つの走行モードを選択する「グリップコントロール」を備えるなど、悪路走破性能についても配慮。足元には18インチM+S(マッド&スノー)タイヤを装着している。

このほかにも、運転支援システムについては緊急自動ブレーキや車線逸脱警報、前走車追従機能付きクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターなどの機能を設定。360°ビジョンやパークアシスト機能なども用意されている。

新型3008は、フランスのトレムリーおよびドゥブランのエンジン工場からパワートレインの供給を受け、ソショー工場で製造される予定。日本への導入時期は、2017年とされている。

(webCG)
 

 

関連記事
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る