「日産PIVO3(ピボ・スリー)」
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え

新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え

日産自動車は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、EVのコンセプトモデル「PIVO3(ピボ・スリー)」を出展する。

4輪独立型のインホイールモーターを備える「PIVO3」。ステアリング操作次第で、左右両輪はバラバラの切れ角を見せる。
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え
逆位相に大きく切れる前後輪。過去の「PIVO」に比べて外観がクルマらしいだけに、車輪の動きが一層奇異に見える。
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え
別の角度から。「道幅が4mあればUターンできる」ことを、デモンストレーションしているところ。
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え

日産の「PIVO3」は、都市部で生活するシングルやカップルを念頭に開発された、コンパクトな電気自動車。「3」の名が示すとおり、第39回東京モーターショー(2005年)に出展された初代「PIVO」第40回東京モーターショー(2007年)に出展された2代目「PIVO2」に次ぐ、3代目の「PIVO」である。

過去の「PIVO」は“かぼちゃの馬車”を思わせるユニークなデザインだったが、4年ぶりの登場となる最新型は、極めて現実的なエクステリアをまとう。日産によれば、これは「PIVO」が量産化を視野に入れた開発段階にあることの表れだという。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=2800×1650×1520mm(ホイールベース=1900mm)。四隅には、2代目「PIVO」から継承されたモーター内蔵式のホイールが配される。普通のクルマに比べて大きな舵角が得られるこのインホイールモーターと、前後輪で異なる(後輪側のほうが狭い)トレッドの作用により、内輪差・外輪差の無いコーナリングが可能で、最小回転半径=2mと小回りも利く。

大きなスライドドアを開いて乗り込む車内には、真ん中に運転席が、やや後方にオフセットして左右にもシートが置かれる。乗車定員は、過去の「PIVO」と同様に3名。レイアウトの自由度とシステムの軽量化を図るべく、操作は全てバイ・ワイヤ(電気信号)方式となっている。
ドライバーが必要とする情報を適切に伝えてくれる、“クルマとのコミュニケーションツール”「ロボティック・エージェント」も、先代モデルから継承。より進化した形で搭載される。

日産はさらに、「PIVO3」で新しいカーライフも提案する。例えば、携帯電話やスマートフォンを使って「PIVO3」を呼び出せたり、駐車場に向かわせたり、さらに充電までさせられるような、インフラ整備が進んだ未来の都市がもたらす快適なEVライフも念頭にあるという。

(webCG 関)

明るい色のレザーが用いられるインテリア。「エコ一辺倒ではない、成熟した大人の雰囲気」とアピールされる。
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え
乗車定員は3名。運転席はセンターに置かれる。
新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え

新型コンセプトモデル「日産PIVO3」お目見え

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。