ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)

“普段履き”のよさ 2016.05.30 試乗記 これまでトヨタとダイハツの共同開発車だった「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」も、3代目となる新型はダイハツが企画、デザイン、開発、製造のすべてを担当することになった。軽自動車作りのノウハウを登録車ではどのように生かすことができたのか。その部分を俯瞰(ふかん)しながらハンドルを握ってみた。

コストダウンはダイハツの十八番

初代ブーン/パッソはトヨタとダイハツの共同開発車として注目を浴び、2代目では企画とデザインをトヨタ、開発と生産をダイハツが行うことで両社それぞれが持つ他のモデル(トヨタでいえば「ヴィッツ」、ダイハツでいえば軽自動車)とバッティングしないよう、バランスを取ってきた。そして3代目、バランスを取っているという点は変わらないが、クルマ作りのすべてをダイハツが担当することで、トヨタ・パッソはOEM車というポジションになった。もちろん、こんなことは消費者にはあまり関係のない話ではあるが、ダイハツが作るということは、「軽自動車で得たノウハウを登録車に展開」することによる、大きなコストダウンが期待できる。

クルマの価値、特にこのクラスであれば、いやが応でも価格は重要なファクターだ。問題は、市場が要求する燃費性能や安全装備などをクリアした上で「ナンボでっか」という結果をユーザーが求めてくる点だ。国によってニーズはさまざまだが、日本のユーザーの目は肥えているし、要求も高い。

実際、新型では軽自動車におけるコスト削減ノウハウを積極的に活用したという。まずダイレクトに部品自体の低コスト化を実現して、ベース価格を大幅にダウン。そこから前述したように燃費性能や見栄え感を高め、安全装備を充実させることで商品力を向上させた。結果として登録車のコンパクトカーで115万200円(「X」グレード、FF)を達成したという。

3代目となる新型「ダイハツ・ブーン」。標準車に加え、ドレスアップモデルの「ブーン シルク」も用意されている。今回は標準車の「X“SA II”」に試乗した。
3代目となる新型「ダイハツ・ブーン」。標準車に加え、ドレスアップモデルの「ブーン シルク」も用意されている。今回は標準車の「X“SA II”」に試乗した。
メーターは速度計のみの単眼式。燃費や燃料の残量などはインフォメーションディスプレイで確認する。
メーターは速度計のみの単眼式。燃費や燃料の残量などはインフォメーションディスプレイで確認する。
エントリーグレードで115万200円という価格を実現した「ダイハツ・ブーン」。競合しそうな国産コンパクトのエントリーグレードを見ると「日産マーチS」が115万1280円、その他のモデルは軒並み130万円超となる。
エントリーグレードで115万200円という価格を実現した「ダイハツ・ブーン」。競合しそうな国産コンパクトのエントリーグレードを見ると「日産マーチS」が115万1280円、その他のモデルは軒並み130万円超となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ブーン シルク“Gパッケージ SA II”/トヨタ・パッソX“Gパッケージ”【試乗記】 2016.5.11 試乗記 「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」が3代目にモデルチェンジ。2社による共同開発をやめ、ダイハツが企画、開発、生産を担う新体制のもとに誕生した新型の実力はいかに? その出来栄えを試すとともに、これからのトヨタとダイハツのあるべき関係を考えた。
  • 東京オートサロン2017(ダイハツ) 2017.1.13 画像・写真 ダイハツブースでは、往年のホットハッチ「シャレード デトマソ」を想起させるカラーリングの「SPORZA(スポルザ)」シリーズや、上質感と存在感を高めた「Grand Custom(グランドカスタム)」が人気に。会場の様子を写真で紹介。
  • ダイハツ・ブーンX“SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.5.30 試乗記 軽自動車で培われたノウハウをどのように生かしているのか? トヨタとの共同開発をやめ、ダイハツ一社が企画から生産までを担って誕生した3代目「ダイハツ・ブーン」。ベーシックな「X“SA II”」グレードを借り出し、その実力を確かめた。
  • トヨタ・パッソ モーダ“Gパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2016.6.9 試乗記 軽よりも少し大きな小型車「ダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソ」がフルモデルチェンジ。トヨタ版の上級モデルである「パッソ モーダ」を借り出して、“生活の足”としてのクルマのあり方を考えた。
  • 新型「シボレー・カマロ」の国内受注がスタート 2017.1.12 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年1月12日、同年後半に日本導入を予定している新型「シボレー・カマロ」の先行予約キャンペーンを発表するとともに、各モデルのキャンペーン限定価格を公表した。
ホームへ戻る