ダーク&スポーティーなロールス・ロイス「ブラックバッジ」上陸

2016.05.25 自動車ニュース
「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」
「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2016年5月25日、「ロールス・ロイス・ゴースト」と「ロールス・ロイス・レイス」の特別仕様車「ブラックバッジ」の予約受け付けを開始するとともに、東京都内でレイス ブラックバッジの実車を披露した。

レイス ブラックバッジ」のリアビュー。
「レイス ブラックバッジ」のリアビュー。
ブラックとシルバーのツートンカラー仕上げが目を引くアルミホイール。
ブラックとシルバーのツートンカラー仕上げが目を引くアルミホイール。
「レイス ブラックバッジ」のインテリア。ブラックとブルーの組み合わせにより、“エッジーな雰囲気”を演出したという。
「レイス ブラックバッジ」のインテリア。ブラックとブルーの組み合わせにより、“エッジーな雰囲気”を演出したという。
コックピット周辺部。エアコンの吹き出し口などもダークな色調とされている。
コックピット周辺部。エアコンの吹き出し口などもダークな色調とされている。
「レイス ブラックバッジ」の12気筒エンジン。標準車よりも最大トルクが増大している。
「レイス ブラックバッジ」の12気筒エンジン。標準車よりも最大トルクが増大している。
今回の披露会にあわせて、ロールス・ロイスの職人も来日。ウッドパネルの加工をはじめとするインテリア製作の様子を実演した。
今回の披露会にあわせて、ロールス・ロイスの職人も来日。ウッドパネルの加工をはじめとするインテリア製作の様子を実演した。

■いままでなかった「ダークなロールス」

ゴースト ブラックバッジとレイス ブラックバッジは、ロールス・ロイスの4ドアサルーン「ゴースト」と、その2ドアクーペ版である「レイス」がベース。黒を基調としたドレスアップやスポーティーなチューニングを施したカスタマイズモデルで、「ロールス・ロイスブランドに潜むダークな側面(Alter ego:もうひとつの顔)を強調した」とされる。
同社によれば、ロールス・ロイス全モデルをあわせたオーナーの平均年齢は、ここ3~4年のうちに50代から40代半ばへと変化しており、今回のブラックバッジのユーザーも“若き成功者”が想定されている。ブラックバッジが設定されるのは、現時点では前述の2車種のみ。「ファントム」や「ドーン」といった他モデルへの展開は予定されていないという。

一番の特徴は、「ブラックバッジ ブラック」と呼ばれるボディーカラー。ペイントとラッカーを何層にも重ねて磨き上げることで実現した、「量産車としては前例のない“深み”と“黒色度”、“色彩強度”を持つブラック塗装」とうたわれる。
ボンネットマスコットのスピリット・オブ・エクスタシーを高光沢の黒で塗装したのは、ロールス・ロイス初の試み。ボディーの四方に配されるダブルRバッジは、標準車の「クロム地にブラックロゴ」から「ブラック地にクロムロゴ」へと反転しており、エアインテークやトランクリッドのアクセント、エキゾーストパイプなどのカラーもダーク調に変更されている。

インテリアカラーは、ゴースト ブラックバッジは「テイラードパープル」を、レイス ブラックバッジでは「コバルトブルー」を採用。ルーフの内張りは、星空のように無数の光を放つ「スターライトヘッドライナー」で飾られる。アルミニウム合金製糸の織物とカーボンファイバーからなるコンポジット材のパネル類も、ラグジュアリーさを演出するアイテム。ロールス・ロイスの関係者も「こうしたディテールは、特に日本市場では支持されるはず」と、その仕上がりに自信を見せる。

メカニズムにも手が加えられており、ゴースト ブラックバッジは、最高出力570ps、最大トルク79.5kgmの標準車(2017年モデル)から、さらに40psと5.1kgmアップ。レイス ブラックバッジは最高出力据え置きのまま、最大トルクが6.1kgm増しとなる。ステアリングについても、よりダイレクト感と手応えのある味付けに変更。エアサスペンションはよりスポーティーなセッティングになっている。新しいドライブシャフトや8段ATと相まって、従来モデルよりもドライバー重視なクルマに仕上がっているという。

価格は未定。ベースモデル(ゴースト:3205万円、レイス:3383万円)との価格差は、およそ500万円になる見込みだ。
日本市場へのデリバリー開始時期は、2016年の第4四半期が予定されている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴーストの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る