ホンダが新型「NSX」をラインオフ、第1号車を納車

2016.05.25 自動車ニュース

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年5月24日(現地時間)、新型「NSX」北米仕様の量産第1号車をラインオフし、ユーザーに納車したと発表した。

新型NSXは、3.5リッターV6ターボエンジンと3つのモーターからなるハイブリッドシステムを搭載したミドシップのスポーツモデルであり、米国ではアキュラブランドのモデルとして販売される。

第1号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(バレット・ジャクソン)のチャリティーオークションでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏である。落札金額の120万ドルは、米国の2つのチャリティー団体に寄付されたという。

新型NSXの納車に際し、ヘンドリック氏は「この素晴らしい新型NSXの第1号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」と述べた。

新型NSXの生産は、同車専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

(webCG)
 

新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。
新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

NSXの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
ホームへ戻る