ホンダが新型「NSX」をラインオフ、第1号車を納車

2016.05.25 自動車ニュース

ホンダの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2016年5月24日(現地時間)、新型「NSX」北米仕様の量産第1号車をラインオフし、ユーザーに納車したと発表した。

新型NSXは、3.5リッターV6ターボエンジンと3つのモーターからなるハイブリッドシステムを搭載したミドシップのスポーツモデルであり、米国ではアキュラブランドのモデルとして販売される。

第1号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jackson(バレット・ジャクソン)のチャリティーオークションでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏である。落札金額の120万ドルは、米国の2つのチャリティー団体に寄付されたという。

新型NSXの納車に際し、ヘンドリック氏は「この素晴らしい新型NSXの第1号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」と述べた。

新型NSXの生産は、同車専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

(webCG)
 

新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。
新型「アキュラNSX」の量産第1号車と、同車のオーナーとなったリック・ヘンドリック氏(写真左)、パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センターでNSX生産プロジェクトリーダーを務めるクレメント・ズソーザ氏(同右)。 拡大

関連キーワード:
NSXホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(アキュラ) 2017.12.8 画像・写真 大幅改良を受けた新型「RLX(日本名:ホンダ・レジェンド)」に、迫力のサーキット専用車「NSX GT3」の姿も。ロサンゼルスモーターショーの会場から、ホンダのプレミアムブランド、アキュラの展示車両を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.9.20 試乗記 3基のモーターと3.5リッターツインターボエンジンからなる、独自のハイブリッドシステムを搭載した新型「ホンダNSX」。開発テーマである「New Sport eXperience=新たな走りの喜び」とはどんなものなのか。その出来栄えを、オープンロードで確かめた。
ホームへ戻る