「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)

2016.05.26 mobileCG
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像

「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「フェラーリ・カリフォルニアT」。意外やフェラーリを操るのは今回が初めてという谷口。雨の箱根で560psを誇る跳ね馬の手綱を引いた感想は?

 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像
 
「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(前編)の画像

■初フェラーリの感想は?

レーシングドライバーとして活躍する谷口信輝は、インストラクターとしてドライビングレッスンを行うなど幅広い活動を行っている。それだけに、一般のクルマ好きよりもはるかにたくさんのクルマに乗っているわけだが、なぜかフェラーリを操ったことはこれまで一度もないという。そんな谷口のリクエストに応える形で、今回の試乗は実現した。

「いやあ、笑っちゃいますね、このクルマ」
フェラーリ・カリフォルニアTを雨の箱根で試乗し終えた谷口は、開口一番にそう言った。
ご存じのとおり、カリフォルニアTはフロントエンジン、リア駆動の2+2コンバーチブル。フェラーリならではのスポーツ性と、コンバーチブルボディーが生み出す優雅さが融合したスポーツカーといえる。

もっとも、彼はこの豪華極まりないオープンスポーツのことを見下して「笑っちゃいますね」と言ったわけではないが、短時間の試乗ではその奥深さがつかみきれなかったようにも思われた。
「ちょっとね、限界がわかりにくいんです。なんか、いつリアが滑り出すかわからなくて。いまのところはまだ信じられないっていうか、もうちょっと慣れが必要な感じですね」

そんな言葉からも、谷口自身がまだこのクルマを理解し、消化し切れていない様子がうかがわれた。(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
カリフォルニアTフェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フェラーリ) 2017.9.15 画像・写真 最高出力600ps、最大トルク760Nmを誇るフェラーリの新型4シーターオープン「ポルトフィーノ」が、フランクフルトショー2017でいよいよデビュー。「圧倒的高性能と多用途性の完璧なコンビネーションを有するV8 GT」とうたわれるその姿を、写真で紹介する。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
ホームへ戻る