新しいフロントデザインを採用した「DS 3」が登場

2016.05.26 自動車ニュース
「DS 3」
「DS 3」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年5月25日、改良を受けた「DS 3」「DS 3カブリオ」を同年6月1日に発売すると発表した。

新しい意匠のフロントマスク。
新しい意匠のフロントマスク。
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。

今回の改良は内外装のデザインの変更が中心となっている。特にエクステリアについては、従来のモデルからフロントまわりを一新。シトロエンに由来するデザインアイコンだった「ダブルシェブロン」付きのフロントグリルをやめ、「DSウイング」と呼ばれる新意匠のフロントグリルや、HIDとLEDを組み合わせたヘッドランプの「DS LEDビジョン」(ベースグレードの「シック」を除く)、LEDフォグランプなどを新たに採用した。

またシックと「シック DS LEDビジョンパッケージ」「カブリオ シック」の3モデルについては、16インチアルミホイールの意匠も変更。カブリオのソフトトップに新色のエメラルドを追加したほか、ハッチバック車のルーフにもエメラルドとブラウントパーズを新採用した。カブリオではリアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色に変更している。

このほかにも、6段AT車では新たにレザータイプのシフトセレクターを採用。カブリオではルーフサイドやトランクルーム上部の補強などにより、ボディー剛性を強化している。

価格はシック、シックDS LEDビジョンパッケージ、カブリオ シックの3モデルについては従来から据え置き。スポーツシックについては6000円値下げされている。

・DS 3シック:259万円
・DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ:274万円
・DS 3スポーツシック:299万円
・DS 3カブリオ シック:304万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル デザイン(FF/7AT)【試乗記】 2016.10.24 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」が日本上陸から4年半ぶりにマイナーチェンジ。デザインや走りに磨きをかけ、安全面や機能面を充実させたという新型の走りとは? 内装の一部に外装色をあしらった「ザ・ビートル デザイン」に試乗した。
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る