新しいフロントデザインを採用した「DS 3」が登場

2016.05.26 自動車ニュース
「DS 3」
「DS 3」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年5月25日、改良を受けた「DS 3」「DS 3カブリオ」を同年6月1日に発売すると発表した。

新しい意匠のフロントマスク。
新しい意匠のフロントマスク。
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。

今回の改良は内外装のデザインの変更が中心となっている。特にエクステリアについては、従来のモデルからフロントまわりを一新。シトロエンに由来するデザインアイコンだった「ダブルシェブロン」付きのフロントグリルをやめ、「DSウイング」と呼ばれる新意匠のフロントグリルや、HIDとLEDを組み合わせたヘッドランプの「DS LEDビジョン」(ベースグレードの「シック」を除く)、LEDフォグランプなどを新たに採用した。

またシックと「シック DS LEDビジョンパッケージ」「カブリオ シック」の3モデルについては、16インチアルミホイールの意匠も変更。カブリオのソフトトップに新色のエメラルドを追加したほか、ハッチバック車のルーフにもエメラルドとブラウントパーズを新採用した。カブリオではリアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色に変更している。

このほかにも、6段AT車では新たにレザータイプのシフトセレクターを採用。カブリオではルーフサイドやトランクルーム上部の補強などにより、ボディー剛性を強化している。

価格はシック、シックDS LEDビジョンパッケージ、カブリオ シックの3モデルについては従来から据え置き。スポーツシックについては6000円値下げされている。

・DS 3シック:259万円
・DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ:274万円
・DS 3スポーツシック:299万円
・DS 3カブリオ シック:304万円

(webCG)
 

関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
ホームへ戻る