新しいフロントデザインを採用した「DS 3」が登場

2016.05.26 自動車ニュース
「DS 3」
「DS 3」

プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年5月25日、改良を受けた「DS 3」「DS 3カブリオ」を同年6月1日に発売すると発表した。

新しい意匠のフロントマスク。
新しい意匠のフロントマスク。
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。
「DS 3カブリオ」では、リアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色となった。(写真のルーフカラーは「DSモノグラム」)。

今回の改良は内外装のデザインの変更が中心となっている。特にエクステリアについては、従来のモデルからフロントまわりを一新。シトロエンに由来するデザインアイコンだった「ダブルシェブロン」付きのフロントグリルをやめ、「DSウイング」と呼ばれる新意匠のフロントグリルや、HIDとLEDを組み合わせたヘッドランプの「DS LEDビジョン」(ベースグレードの「シック」を除く)、LEDフォグランプなどを新たに採用した。

またシックと「シック DS LEDビジョンパッケージ」「カブリオ シック」の3モデルについては、16インチアルミホイールの意匠も変更。カブリオのソフトトップに新色のエメラルドを追加したほか、ハッチバック車のルーフにもエメラルドとブラウントパーズを新採用した。カブリオではリアガラスまわりのキャンバスもルーフカラーと同色に変更している。

このほかにも、6段AT車では新たにレザータイプのシフトセレクターを採用。カブリオではルーフサイドやトランクルーム上部の補強などにより、ボディー剛性を強化している。

価格はシック、シックDS LEDビジョンパッケージ、カブリオ シックの3モデルについては従来から据え置き。スポーツシックについては6000円値下げされている。

・DS 3シック:259万円
・DS 3シック DS LEDビジョンパッケージ:274万円
・DS 3スポーツシック:299万円
・DS 3カブリオ シック:304万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 現行「メガーヌR.S.」のフィナーレを飾る限定車発売 2017.4.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年4月6日、高性能スポーツモデル「ルノー・メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)」の特別仕様車「メガーヌR.S. 273ファイナルエディション」を発表。同日、200台限定で発売した。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
ホームへ戻る