「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」にお買い得仕様の限定モデル

2016.05.26 自動車ニュース

FCAジャパンは2016年5月25日、アルファ・ロメオのCセグメントハッチバック車「ジュリエッタ」に特別仕様車「Divina(ディビーナ)」を設定し、同年6月4日より150台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車はジュリエッタのエントリーグレード「スポルティーバ」をベースに装備を簡素化することで価格を抑えたものである。具体的には、運転席と助手席のパワーシート(運転席メモリー機能付き)、フロントシートのランバーサポート、スポルティーバのエンブレムが省略されている。

ボディーカラーは「アルファレッド」と「アイスホワイト」の2色で、販売台数は前者が100台、後者が50台。ともに専用のアルミホイールが装備されている。

価格はベース車より10万8000円安い、359万6400円。

(webCG)
 

「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る