「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」にお買い得仕様の限定モデル

2016.05.26 自動車ニュース

FCAジャパンは2016年5月25日、アルファ・ロメオのCセグメントハッチバック車「ジュリエッタ」に特別仕様車「Divina(ディビーナ)」を設定し、同年6月4日より150台限定で販売すると発表した。

今回の特別仕様車はジュリエッタのエントリーグレード「スポルティーバ」をベースに装備を簡素化することで価格を抑えたものである。具体的には、運転席と助手席のパワーシート(運転席メモリー機能付き)、フロントシートのランバーサポート、スポルティーバのエンブレムが省略されている。

ボディーカラーは「アルファレッド」と「アイスホワイト」の2色で、販売台数は前者が100台、後者が50台。ともに専用のアルミホイールが装備されている。

価格はベース車より10万8000円安い、359万6400円。

(webCG)
 

「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」
「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ ディビーナ」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュリエッタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アルファ・ロメオ・ジュリエッタ 2016.2.25 画像・写真 伊FCAは2016年2月24日、マイナーチェンジを施した新しい「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」を、ヨーロッパの5都市(ミラノ、トリノ、パリ、マドリード、フランクフルト)で同時に発表した。生まれ変わったジュリエッタを写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る