第124回:邪悪な神(父)から逃れた少女が世界を救う!
『神様メール』

2016.05.26 エッセイ

ベルギーに住む神の娘が主人公

ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の作品は、この連載の第2回で『ミスター・ノーバディ』を取り上げた。2011年4月の日本公開だったから、5年ぶりの新作ということになる。何しろ寡作な人で、1991年の『トト・ザ・ヒーロー』、1996年の『八日目』、そして今回の『神様メール』とわずか4本しか映画を撮っていない。数は少ないが、どの作品も最上級の傑作だ。

いつもとっぴな舞台を用意するドルマル監督だが、今回の設定は輪をかけて奇想天外。主人公は10歳の少女エア(ピリ・グロワーヌ)。ただの女の子ではない。彼女の父親は神様なのだ。比喩的な意味ではなく、本物の神。聖書に出てくるGodである。エアは父(神)、母親(女神)と3人暮らし。兄もいるのだが、かなり前に家出してしまった。名前はJC。エアにとっては2000年ほど年上の兄ということになる。

神一家が暮らしているのはベルギーのブリュッセルにあるアパート。神は天地創造の際に、まずブリュッセルを作ったらしい。最初はキリンやニワトリ、ダチョウなどを街に住まわせたが、どうもしっくりこないということで自分に似せた生き物を作った。人間である。彼らはどんどん増殖したので、神は自分の名を掲げて戦うように仕向けた。戦争を作ったのは、神だったのだ。

© 2015 - Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。