無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表

2016.05.27 自動車ニュース
「ホンダS660 MUGEN RA」(写真=田村 弥)
「ホンダS660 MUGEN RA」(写真=田村 弥)

ホンダのモータースポーツ活動や、アフターパーツおよびコンプリートカーの開発を手がけるM-TEC(以下、無限)は2016年5月26日、「ホンダS660」のコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表した。

 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像

■無限がリリースする第3のコンプリートカー

S660 MUGEN RAは「デザイン・走り・カスタマイズの楽しみの融合」をコンセプトに、無限がモータースポーツ活動などで培った技術を取り入れて開発したコンプリートカーである。

無限がリリースするコンプリートカーとしては、「シビックMUGEN RR」「CR-Z MUGEN RZ」に続く第3のモデルにあたる。同社ではS660 MUGEN RAを「カスタマイズを楽しむためのスポーツベーシックモデル」と位置づけており、車名の「R」は無限のレーシングスピリットを、「A」はコンプリートカーの基本仕様であることを表しているという。

■オーナー自身がカスタマイズする楽しみも

デザインについては、カーボン製のフロントグリルをはじめ、赤い本革製シートや専用カラーのステアリングホイールなど、内外装の各所にオリジナルのパーツを採用することで無限ならではの存在感を表現。一方でエアロパーツ類はあえて装着せず、カスタマイズのベース車両としての楽しみも持たせているという。

運動性能に関しては、ビルシュタイン製の車高調整式サスペンション(前後単筒倒立式ダンパー)やBBS製の切削鍛造アルミホイールを採用することで、バネ下重量の低減と剛性アップを図っている。

具体的な専用装備は以下の通り。
・ステンレス製サイレンサー
・ビルシュタイン製車高調整式サスペンション (前後単筒倒立式ダンパー)
・BBS製鍛造軽量アルミホイール(フロント 15×5J、リア 16×6 1/2J)
・フロントグリル(カーボンコンポジット&ASAアクリル製)
・RAエンブレム(フロント&リア)
・本革製専用カラー表皮シート(一部合成皮革)
・専用デザイン、専用カラーステッチ採用本革巻きステアリングホイール
・無限ロゴ入りメーター
・カーボンシフトノブ(6MT車)
・専用カラーステッチ採用シフトブーツ
・専用カラーステッチ採用本革巻きセレクトレバー(CVT車)
・無限ロゴ入りプッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
・シリアルナンバープレート

価格は289万円。販売台数は660台の限定で、2016年5月26日から9月30日までの注文受け付けを経て、10月3日の発売を予定している。なお、6月9日の18:00までに申し込みが660台を超えた場合、抽選での販売となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第18回:ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
  • ホンダS660 無限パーツ装着車(MR/6MT)【試乗記】 2015.9.28 試乗記 ホンダの軽スポーツ「S660」用に、無限(M-TEC)が30品目を超えるスペシャルパーツを開発した。今回は、それらのアイテムを装着した、“無限仕様”のS660に試乗。ノーマル車との走りの違いを報告する。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ホンダアクセス モデューロ体感試乗会【試乗記】 2015.8.18 試乗記 ホンダ車用の純正カスタマイズアイテムを提供するブランド「Modulo(モデューロ)」。そのパーツを組み込むことで、実際の走りや乗り心地はどのように変化するのか? 「S660」をはじめとする5台のテスト車に試乗して確かめた。
  • 2015ワークスチューニンググループ合同試乗会(無限編)【試乗記】 2015.8.3 試乗記 無限のチューニングパーツをフル装備した2台、「S660」と「ステップワゴン スパーダ」に試乗。同社がホンダワークスとして培ってきた経験は、市販パーツの開発やセッティングにどのように生かされているのだろうか?
ホームへ戻る