無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表

2016.05.27 自動車ニュース
「ホンダS660 MUGEN RA」(写真=田村 弥)
「ホンダS660 MUGEN RA」(写真=田村 弥)

ホンダのモータースポーツ活動や、アフターパーツおよびコンプリートカーの開発を手がけるM-TEC(以下、無限)は2016年5月26日、「ホンダS660」のコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表した。

 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像
 
無限がコンプリートカー「S660 MUGEN RA」を発表の画像

■無限がリリースする第3のコンプリートカー

S660 MUGEN RAは「デザイン・走り・カスタマイズの楽しみの融合」をコンセプトに、無限がモータースポーツ活動などで培った技術を取り入れて開発したコンプリートカーである。

無限がリリースするコンプリートカーとしては、「シビックMUGEN RR」「CR-Z MUGEN RZ」に続く第3のモデルにあたる。同社ではS660 MUGEN RAを「カスタマイズを楽しむためのスポーツベーシックモデル」と位置づけており、車名の「R」は無限のレーシングスピリットを、「A」はコンプリートカーの基本仕様であることを表しているという。

■オーナー自身がカスタマイズする楽しみも

デザインについては、カーボン製のフロントグリルをはじめ、赤い本革製シートや専用カラーのステアリングホイールなど、内外装の各所にオリジナルのパーツを採用することで無限ならではの存在感を表現。一方でエアロパーツ類はあえて装着せず、カスタマイズのベース車両としての楽しみも持たせているという。

運動性能に関しては、ビルシュタイン製の車高調整式サスペンション(前後単筒倒立式ダンパー)やBBS製の切削鍛造アルミホイールを採用することで、バネ下重量の低減と剛性アップを図っている。

具体的な専用装備は以下の通り。
・ステンレス製サイレンサー
・ビルシュタイン製車高調整式サスペンション (前後単筒倒立式ダンパー)
・BBS製鍛造軽量アルミホイール(フロント 15×5J、リア 16×6 1/2J)
・フロントグリル(カーボンコンポジット&ASAアクリル製)
・RAエンブレム(フロント&リア)
・本革製専用カラー表皮シート(一部合成皮革)
・専用デザイン、専用カラーステッチ採用本革巻きステアリングホイール
・無限ロゴ入りメーター
・カーボンシフトノブ(6MT車)
・専用カラーステッチ採用シフトブーツ
・専用カラーステッチ採用本革巻きセレクトレバー(CVT車)
・無限ロゴ入りプッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
・シリアルナンバープレート

価格は289万円。販売台数は660台の限定で、2016年5月26日から9月30日までの注文受け付けを経て、10月3日の発売を予定している。なお、6月9日の18:00までに申し込みが660台を超えた場合、抽選での販売となる。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.6.1 試乗記 ちまたで話題の「ホンダS660」を、フェラーリマニアとして知られるモータージャーナリスト 清水草一は「これまでなかったスーパーカー」と評価する。その理由は……?
ホームへ戻る