ボルボXC90 T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション(4WD/8AT)

控えめブランドの自信 2016.05.31 試乗記 ボルボのフラッグシップSUV「XC90」の最上級グレード「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」に試乗。北欧製のプラグインハイブリッドシステムがかなえる走りと、ボルボ最新のインターフェイスの出来栄えをリポートする。

2世代飛び越えた先進性

最後に旧型ボルボXC90に乗ったのは、2012年の秋。ボルボのフルラインナップを裏磐梯に集めて行われた試乗会だった。新世代のモデルと比べると、XC90の古さが際立った。スタートボタンを押そうとしても見つからず、キーをシリンダーに入れてひねらなければならなかった。フリーフローティングセンタースタックもなく、センターコンソールはもっさりとしている。すっかりオシャレ派になったボルボの中で、以前のイメージである武骨さを保ち続けていた。

新型XC90は、他のモデルを一気に飛び越えてしまった。エンジンを始動させるのはスタートボタンですらなく、センターコンソールにある「ENGINE」と記されたつまみをひねる方式である。フローティングスタックの代わりにダッシュボードの真ん中で存在感を主張するのは、縦型のタッチパネル式9インチモニター。様子が一変した。これが最新ボルボだぞと強く訴えかけてくる。

フラッグシップのモデルチェンジが、これからのボルボの進路を示すことになる。すでに多くの記事や試乗記で触れられているので、XC90のポイントをまとめておこう。モジュラープラットフォームの「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」を採用する初のモデルであり、2リッター直4エンジンの「Drive-E(ドライブ・イー)」を搭載する。どのモデルに搭載するエンジンも直4に統一することで、プラットフォームの合理化も可能になった。

フォード時代の遺産から決別する完全自社設計であり、電動化や自動運転も視野に入れている。デザイン面ではアイアンマークが刷新され、ヘッドランプにはトール神のハンマーに由来するT字型ランニングライトが埋め込まれる。

2014年にスウェーデンで発表された現行型「XC90」。ボルボが開発した新しいモジュラープラットフォーム「SPA」が採用されている。
テスト車はプラグインハイブリッド車の「T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」。「XC90」の最上級グレードにあたる。
T8 TWIN ENGINE AWD インスクリプション」のフロントシート。ベンチレーション機能やマッサージ機能が備わる。
新世代のボルボのデザインを特徴付ける、T字型の意匠が盛り込まれたヘッドランプと新しい「アイアンエンブレム」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
ホームへ戻る