「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(後編)

2016.06.02 mobileCG

「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗する。3.9リッターのV8ターボユニットの力強さと洗練されたフィールに感銘を受けた谷口。雨の箱根でFRの跳ね馬に挑むも、そう簡単に乗りこなさせてはもらえなかった……。

■限界を教えてくれない!?

カリフォルニアTに搭載されるV8 3.9リッターエンジンはフェラーリの新時代を告げるターボチャージャー付き。同じ流れをくむエンジンが「488GTB」にも搭載されているが、ちまたでは過給エンジンの回転フィールやエキゾーストノートについてさまざまな議論が交わされている。その意味では、いま最もエポックメイキングなパワーユニットといえなくもないが、谷口は560ps/7500rpmと77.0kgm/4750rpmを生み出すこのエンジンを大いに気に入ったようだった。

「いま、そこをちょっと走りだしたくらいでも、すごい力強さを感じる。全然アクセルを踏んだわけじゃないんですよ。ちょっと踏んだだけ。そんなふうにすーっと走っていくだけでも、ものすごい分厚いトルク感がある。馬にたとえると、サラブレッドみたいに華奢(きゃしゃ)な競走馬じゃなくて、『北斗の拳』のラオウの愛馬みたいな、ぶっとい感じ。本当に力強いですね」

「しかも、回していってもターボラグとかは全然感じない。というか、ターボくささが全然しないですよね、このエンジンは」
そこに、前編で褒めちぎったギアボックスが組み合わされるわけだから、パワートレインが絶品であることは間違いなさそうだ。
「だからね、あんまり飛ばしてなくても気持ちよくて、すっごい上等なクルマに乗っているって感触がヒシヒシと伝わってくるんですよ」

それでも谷口は全然攻める気にならなかったと前編の冒頭で述べている。なぜだろうか?(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
カリフォルニアTフェラーリ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
ホームへ戻る