「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(後編)

2016.06.02 mobileCG
 

「谷口信輝の新車試乗」――フェラーリ・カリフォルニアT(後編)

SUPER GTやD1グランプリなど、数々のモータースポーツシーンで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が、歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き、「フェラーリ・カリフォルニアT」に試乗する。3.9リッターのV8ターボユニットの力強さと洗練されたフィールに感銘を受けた谷口。雨の箱根でFRの跳ね馬に挑むも、そう簡単に乗りこなさせてはもらえなかった……。

 
 
 

■限界を教えてくれない!?

カリフォルニアTに搭載されるV8 3.9リッターエンジンはフェラーリの新時代を告げるターボチャージャー付き。同じ流れをくむエンジンが「488GTB」にも搭載されているが、ちまたでは過給エンジンの回転フィールやエキゾーストノートについてさまざまな議論が交わされている。その意味では、いま最もエポックメイキングなパワーユニットといえなくもないが、谷口は560ps/7500rpmと77.0kgm/4750rpmを生み出すこのエンジンを大いに気に入ったようだった。

「いま、そこをちょっと走りだしたくらいでも、すごい力強さを感じる。全然アクセルを踏んだわけじゃないんですよ。ちょっと踏んだだけ。そんなふうにすーっと走っていくだけでも、ものすごい分厚いトルク感がある。馬にたとえると、サラブレッドみたいに華奢(きゃしゃ)な競走馬じゃなくて、『北斗の拳』のラオウの愛馬みたいな、ぶっとい感じ。本当に力強いですね」

「しかも、回していってもターボラグとかは全然感じない。というか、ターボくささが全然しないですよね、このエンジンは」
そこに、前編で褒めちぎったギアボックスが組み合わされるわけだから、パワートレインが絶品であることは間違いなさそうだ。
「だからね、あんまり飛ばしてなくても気持ちよくて、すっごい上等なクルマに乗っているって感触がヒシヒシと伝わってくるんですよ」

それでも谷口は全然攻める気にならなかったと前編の冒頭で述べている。なぜだろうか?(続く)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カリフォルニアTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る