「日産エスフロー」
日産、EVのスポーツカー「ESFLOW」を出展

日産、EVのスポーツカー「エスフロー」を出展

日産自動車は、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、電気自動車(EV)のコンセプトモデル「ESFLOW(エスフロー)」を出展する。

「エスフロー」は、「ドライバーの意のままに走るよろこびと、ゼロ・エミッション・モビリティーの両立を目指した」というEVのスポーツカー。今年3月のジュネーブショーにも出展された、日産のコンセプトモデルである。

その低く構えたロングノーズ、ショートデッキのスタイリングは、見るからにスポーツカー。同社の「フェアレディZ」を思わせる。
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)でできたボディーのサイズは、全長×全幅×全高=3780×1780×1245mmで、ホイールベースは2470mm。「フェアレディZ」(同4250×1845×1315mm、ホイールベース=2550mm)と比べると、ひと回り小さい。

Aピラーの根元には、サイドミラーの代わりに小さなリアビューカメラが備わる。シートの背もたれをボディーフレームの一部としたうえで、ステアリングホイールやペダル類を動かしてドライビングポジションを調整するなどインテリアの構造もユニークだ。

パワーユニットは量産型EVの「リーフ」に用いられているモーターで、2基がミドに搭載される。リチウムイオンバッテリーを動力源に“左右独立した制御で”リアの両輪を駆動する。これにより、優れたコーナリング性能とエネルギーの回生能力を発揮できるという。
0-100km/h=5秒以下でこなせる加速性能、1充電あたり240km以上の航続距離もアピールポイントとなっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。