第346回:電気自動車でジムカーナ? 
「日産リーフ」のスポーツ性能を試す

2016.05.31 エッセイ
ジムカーナコースで熱い走りを見せる「日産リーフ」。
ジムカーナコースで熱い走りを見せる「日産リーフ」。

「日産リーフ」でジムカーナに挑戦! そこで垣間見た、”電気で走るクルマ”のワイルドな一面とは? 「ノート」との比較で体感した、“ふつうのコンパクトカー”との違いと併せてリポートする。

ジムカーナ試乗会が開かれたのは千葉県の「ロングウッドステーション」。ダム湖と森に囲まれた自然豊かな場所である。
ジムカーナ試乗会が開かれたのは千葉県の「ロングウッドステーション」。ダム湖と森に囲まれた自然豊かな場所である。
「リーフ」での走り方をレクチャーする日産自動車 車両実験部の河本晃一さん。河本さんは、全日本ジムカーナに参戦する現役のドライバーでもある。
「リーフ」での走り方をレクチャーする日産自動車 車両実験部の河本晃一さん。河本さんは、全日本ジムカーナに参戦する現役のドライバーでもある。
まずはガソリン車の「ノート」でコースを試走する。
まずはガソリン車の「ノート」でコースを試走する。
ダッシュボードにはコース図が貼られているものの、当然ながら走行中に確認する余裕はない。
ダッシュボードにはコース図が貼られているものの、当然ながら走行中に確認する余裕はない。

エコカー=退屈というイメージを変えたい

「日産リーフのジムカーナ試乗会に行きませんか?」
編集部から最初にこの話をいただいたときは、一瞬「はぁ?」と思ったけれど、すぐに「なるほど!」という気持ちに変わった。

電気自動車のリーフは、床下全面にリチウムイオンバッテリーを敷き詰めているので、重心が低い。しかも前輪を駆動するモーターは同じクラスのガソリン車が積むエンジンよりも軽いので、ノーズの動きも軽快だ。おまけにモーターは超低回転で最大トルクを発生するので、急旋回からの立ち上がりで有利。満充電での航続距離の短さも、競技時間が短いので問題ない。

考えれば考えるほど、ジムカーナに向いているのではないかと思ったのだ。今回はメディア向けのイベントだったけれど、本気で挑戦しても面白いのではないだろうか。

コースが設定されたのは、千葉県にあるロングウッドステーションという場所。2年前に話題になった、米国のミュージシャンが某社のパーソナルモビリティーに乗りながら歌い踊る様子をドローンで一発撮りしたミュージックビデオの舞台でもある。

日産社内には、「フェアレディZ」で全日本ジムカーナに挑戦している現役ドライバー車両実験部の河本晃一氏がいて、コース設定は彼の手になる。エンジン車との違いを体感してもらうべく、同じコースを「ノート」でも走った。どちらもタイムを計測して、感覚的な部分だけでなく、数字でも速さを知ってもらおうという内容だった。

そのねらいは、「エコカーはつまらない」と言われるけれど、電気自動車はそうではないことをアピールしたかったのではないかと思われる。テレビCMでは、0-400m加速でかつてのスポーツクーペ「180SX」に勝つシーンを流して賛否両論を巻き起こしたけれど、相手がノートなら非難は受けずにすみそうだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ