BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」

2016.05.27 自動車ニュース

BMWジャパンは2016年5月27日、BMW Mのハイパフォーマンスクーペ「BMW M6」の性能をさらに高めた特別仕様車「M6 Celebration Edition“Competition”(セレブレーションエディション コンペティション)」を設定し、同年7月9日に13台限定で発売すると発表した。

今回の特別仕様車は、BMWの創立100周年記念モデルの第6弾。搭載される4.4リッターV8ターボエンジンは、通常のBMW M6から最高出力で40ps、最大トルクで2.1kgmアップの600psと71.4kgmを発生。0-100km/h加速は3.9秒(欧州仕様車のタイム)という優れたパフォーマンスを誇る。また、サスペンションやステアリングにも専用のセッティングを施したほか、ブレーキシステムにはカーボンセラミックブレーキシステムを標準装備としている。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・BMW Individualボディーカラー「オースチン・イエロー」
・20インチMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング343M(専用ブラック塗装仕上げ)(フロント:20×9 1/2Jホイール+265/35ZR20タイヤ、リア:20×10 1/2Jホイール+295/30ZR20タイヤ)
・ブラッククロム仕上げのキドニーフレーム、サイドギル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)、ドアハンドル、スポーツエキゾーストテールパイプ
・カーボンリアスポイラー
・カーボンリアディフューザー
・カーボンミラーカバー
・イエローコントラストステッチ付きBMW IndividualブラックフルレザーMマルチファンクションシート(運転席/助手席)
・Mスポーツ マルチファンクション・レザーステアリングホイール(アルカンタラ・アンソラジット)
・カーボンセレクトレバー
・スモーカーパッケージ(「M6」ロゴ付き)
・専用ドアシル(「M6 COMPETITION」ロゴ付き)
・バング&オルフセン ハイエンドサラウンドサウンドシステム (1200W、16スピーカー、16チャンネルサラウンド)
・コンペティションパッケージ
・エンジン最高出力600ps(441kW)
・専用サスペンションセッティング
・専用ステアリングセッティング
・専用Mダイナミックモードセッティング
 スポーツエキゾーストシステム(ブラッククロム仕上げデュアルエキゾーストテールパイプ)
・Mカーボンセラミックブレーキシステム
・Mドライバーズパッケージ(最高速度305km/h対応)

価格は2321万円。

(webCG)

「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」
「BMW M6セレブレーションエディション コンペティション」
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像
 
BMW創立100周年記念モデル第6弾は、600psの「M6」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M6クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る