DS 4シック DS LEDビジョンパッケージ(FF/6AT)

本当は骨太 2016.06.03 試乗記 イノベーションとアバンギャルドを持ち味とするDSシリーズが、シトロエンから独立してプレミアムカーブランドへ“昇格”した。ダブルシェブロン改め「DS」の二文字をフロントグリルに掲げた新生「DS 4」のステアリングを握る。

新ブランド「DS」

似たような政党名にコロコロ変わる政治の世界に比べれば、会社名が変わったり、ブランドが統合されたりするほうがまだ分かりやすいと思える昨今である。シトロエンから独立した新しいブランドが「DSオートモビルズ」と名乗りを上げるのもそれなりに筋が通っているかもしれない。今後は新しい社名を「グループPSA」と変更し、その傘下にプジョー、シトロエン、そしてDSの3ブランドが並ぶ形になるという。だが、「1955年創業のDSのイノベーションとアバンギャルドという価値を継承し……」とうたっているニュースリリースを目にすると、実はシトロエンびいきの私からしても、正直いささか無理筋というか、牽強(けんきょう)付会の匂いがする。商売の都合で、今回の場合はもちろんプレミアム性を明確にするためにDSブランドを分離独立させたということは理解できても、歴史を都合よく脚色するのはあまり感心しない。

1955年とはパリサロンで「シトロエンDS」が発表された年のことなのだ。1955年は日本でいえば昭和30年、アメリカ車を小さくしたような観音開きの「クラウン」が発売されたちょうど同じ年にデビューしたDSは、ショー会場の「グランパレ」に舞い降りた宇宙船のようだったと評されたものだ。無論、当時は生まれていなかったからその現場にいたわけではないが、その何十年か後でも“常識外れぶり”には驚かされた。昭和30年当時なら、まさしく画期的でアバンギャルドな車だったことは間違いなく、今振り返っても彼我の差にがくぜんとするしかない。ただし、そもそも60年も前の車をブランドの象徴のように引き出されても、その現物に接したことのある人は今どれだけいるかが疑問だし、正しく伝えられるかどうかまるで予想がつかない。かつてのDSにあやかって、革新性を訴えることにどれほどの効果があるかといえば、何とも言えないというのが正直な気持ちである。

DSブランドは本国フランスで2014年6月に旗揚げされた。日本でのお披露目は2015年10月。東京モーターショーにDS独自のブースが設けられた。
DSブランドは本国フランスで2014年6月に旗揚げされた。日本でのお披露目は2015年10月。東京モーターショーにDS独自のブースが設けられた。

 

試乗車は上級グレードの「DS LEDビジョンパッケージ」。アルミペダルやスマートキーシステムなどが標準装備となる。


	 

	試乗車は上級グレードの「DS LEDビジョンパッケージ」。アルミペダルやスマートキーシステムなどが標準装備となる。
頭上まで伸びるパノラミックフロントウィンドウ。運転席、助手席ともサンバイザーは可動式。
頭上まで伸びるパノラミックフロントウィンドウ。運転席、助手席ともサンバイザーは可動式。
スリーサイズは4285×1810×1500mm。フォルムはクロスオーバー的。
スリーサイズは4285×1810×1500mm。フォルムはクロスオーバー的。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS 4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • DS 5シック レザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.6.27 試乗記 DSブランドの中でも、他に類を見ない斬新なスタイリングが特徴の5ドアモデル「DS 5」が、新しい“DS顔”にフェイスリフト。さらにパワートレインにも手が加えられる大幅改良が施された。進化したDSブランドのフラッグシップの魅力に触れた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る