「スイフトEVハイブリッド」
スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開

スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開

スズキは、2011年11月30日のプレスデイで幕を開ける第42回東京モーターショーに、現行型の「スイフト」をベースとしたレンジエクステンダー付き電気自動車「スイフトEVハイブリッド」を出展する。

 
スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開
 
スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開
 
スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開

スズキは、前回の2009年東京モーターショーに「スイフト プラグイン ハイブリッド」を出展している。これは、近距離は電気自動車として走りながら、バッテリー残量が少なくなると、搭載する発電用のエンジンを駆動して航続距離を伸ばすことができるのが特徴だ。バッテリーだけで走るEVに対して、「シリーズハイブリッド車」あるいは「レンジエクステンダー付き電気自動車」とも呼ばれる。その後、スイフト プラグイン ハイブリッドは「スイフト レンジエクステンダー」として2010年秋から公道テストが開始され、その改良型として、現行のスイフトをベースにつくられたのがこの「スイフトEVハイブリッド」である。

スイフトEVハイブリッドは、エンジンルームに駆動用モーターと発電用のエンジンを搭載。荷室に積んだバッテリーの電力では約30kmの走行が可能である。バッテリーは家庭用コンセントで充電が可能だ。

長距離移動のときには、発電用の660ccガソリンエンジンが電力を供給。その際の航続距離は明らかにされていないが、同クラスのガソリンエンジン車なみの航続距離を達成するという。もちろん、ガソリンスタンドで給油すればさらに距離を伸ばすことができる。最高速は100km/h以上で、高速道路の走行も可能だ。

レンジエクステンダー付き電気自動車はバッテリー容量が少なくて済むため、軽量で低コスト化が可能という。さらに、充電に要する時間も短く、100Vで約4時間、200Vなら約1.5時間。スズキの調べによれば、日常の走行距離は20km以下が全体の6割を占めるということで、このスイフトEVハイブリッドでも普段はほぼEVとして使用できると考えている。バッテリー切れの不安がないレンジエクステンダー型は、現実的なEVとしてますます注目が高まるはずだ。

(文=生方聡)

 
スズキ、「スイフト」ベースのEVを公開

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
ホームへ戻る