「BMW i8」に真っ赤なボディーの特別限定車

2016.05.30 自動車ニュース
BMW i8セレブレーションエディション プロトニックレッド

BMWジャパンは2016年5月30日、BMWの創立100周年記念モデルの第7弾として、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」の特別仕様車「i8 Celebration Edition“Protonic Red”(セレブレーションエディション プロトニックレッド)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年10月からを予定している。 

 
 
 
 
 

今回の特別仕様車は、BMW iとして初めて赤色の専用ボディーカラー「プロトニックレッド」を採用。オービットグレーの塗装が施された専用20インチアロイホイールとの組み合わせによって、存在感のあるスタイリングを実現している。また、LEDヘッドライト比で2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備とした。

インテリアは、各所に赤色のステッチが施されたブラックの専用インテリア「CARPO」と、カーボンインテリアトリムの専用装備を組み合わせることで、魅力的な室内空間を演出。さらに、エディションネームの入った専用ドアシルプレートやシリアルナンバー入り専用インテリアバッジも装着される。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・専用ボディーカラー「プロトニックレッド/フローズングレーメタリックアクセント」
・専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(オービットグレー塗装)(フロント:20×7 1/2Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8 1/2Jホール+245/40R20タイヤ)
・専用インテリアデザイン「CARPO」
・専用グレーシートベルト
・専用ベロアフロアマット
・専用ドアシルプレート
・専用カーボンインテリアトリム
・シリアルナンバープレード
・BMWレーザーライト
・ブラックセラミックセレクターレバー
・アンソラジットルーフライニング
・コンフォートアクセス
・ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
・BMW iコネクテッドドライブプレミアム

価格は2200万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW i8(4WD/6AT)【試乗記】 2015.4.9 試乗記 BMWが次世代のスポーツカーとして世に送る、プラグインハイブリッド車「i8」。実際、どんなドライブフィーリングが得られるのか? 高速道路からワインディングロードまで、さまざまな道で試してみた。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る