「BMW i8」に真っ赤なボディーの特別限定車

2016.05.30 自動車ニュース
BMW i8セレブレーションエディション プロトニックレッド
「BMW i8セレブレーションエディション プロトニックレッド」 拡大

BMWジャパンは2016年5月30日、BMWの創立100周年記念モデルの第7弾として、プラグインハイブリッドスポーツカー「BMW i8」の特別仕様車「i8 Celebration Edition“Protonic Red”(セレブレーションエディション プロトニックレッド)」を設定し、20台の台数限定で受注を開始した。デリバリーは同年10月からを予定している。 

今回の特別仕様車は、BMW iとして初めて赤色の専用ボディーカラー「プロトニックレッド」を採用。オービットグレーの塗装が施された専用20インチアロイホイールとの組み合わせによって、存在感のあるスタイリングを実現している。また、LEDヘッドライト比で2倍の照射距離を実現した「BMWレーザーライト」を標準装備とした。

インテリアは、各所に赤色のステッチが施されたブラックの専用インテリア「CARPO」と、カーボンインテリアトリムの専用装備を組み合わせることで、魅力的な室内空間を演出。さらに、エディションネームの入った専用ドアシルプレートやシリアルナンバー入り専用インテリアバッジも装着される。

上記を含む特別装備内容は以下の通り。
・専用ボディーカラー「プロトニックレッド/フローズングレーメタリックアクセント」
・専用20インチBMW iライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング470(オービットグレー塗装)(フロント:20×7 1/2Jホイール+215/45R20タイヤ、リア:20×8 1/2Jホール+245/40R20タイヤ)
・専用インテリアデザイン「CARPO」
・専用グレーシートベルト
・専用ベロアフロアマット
・専用ドアシルプレート
・専用カーボンインテリアトリム
・シリアルナンバープレード
・BMWレーザーライト
・ブラックセラミックセレクターレバー
・アンソラジットルーフライニング
・コンフォートアクセス
・ストレージパッケージ(ポータブルカップホルダー<リアセンターコンソールに2個>、シートバックネット、収納ネット、ラゲッジコンパートメントカバー)
・BMW iコネクテッドドライブプレミアム

価格は2200万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
i8BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • モーガン4/4(FR/5MT)【試乗記】 2018.6.28 試乗記 1936年に誕生して以来、基本的な設計を変えずに現在も作り続けられている「モーガン4/4(フォーフォー)」。今なお職人の手作業によって製作される英国のスポーツカーには、80年前のクルマの息遣いが確かに宿っていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る