ポルシェ924(FR/4MT)/924カレラGT(FR/5MT)/944ターボ(FR/5MT)/928S(FR/5MT)

駆動方式は違えども 2016.06.02 試乗記 ポルシェが「911」に代わる主力車種として、1970年代から1990年代にかけて送り出した一連のFRモデル。最初のモデルである「924」のデビューから40年を迎えた今、トランスアクスルレイアウトにこだわり続けたこれらのモデルの実力を、あらためて試す機会を得た。

「911」に代わる主力モデルへの挑戦

「ボクスター」の成功を皮切りに、次々とヒットを飛ばしつつめくるめく変貌を遂げてきたポルシェのビジネス。今や新興市場においては、「カイエン」や「パナメーラ」の方がブランドアイコンとして根付いているところもあるというから、それもまた彼らにとっては痛しかゆしといったところではないだろうか。

しかし、そのボクスターの成功に至るまでが実に長かったことはご存じの通り。中でも、一世一代ともいえるプロジェクトは1970年代、911に代わるまったく新しいモデルラインナップの構築だった。

「924」と「928」。ポルシェはこの2台で911を間に挟み込み、自らのスポーツイメージをそちらへと移行させようと試みた。FRモデルである両車に共通するメカニズムはトランスアクスル、つまりトランスミッションを後軸側に置くことで重量配分の最適化を図ろうというものだ。現在も一部のスーパースポーツ系が採用するそのレイアウトは、コストや生産精度の要求値が大きく、気軽に用いられるものではない。しかしそれは、911の後を担わせるもくろみの両車にとっては必須と判断されたのだろう。

924の登場から40周年を迎えた2016年、それを記念してシュトゥットガルトのポルシェミュージアムでは、10月16日まで「トランスアクスルの時代」と銘打ったマニアックな企画展が催されている。今回、その企画展の取材の一環として、「924」から「968」までの4気筒FRシリーズと928シリーズの試乗機会を得た。

試乗会場に並べられたポルシェの歴代FRモデル。今回は「924」「924カレラGT」「944ターボ」「928S」の4台を試した。
試乗会場に並べられたポルシェの歴代FRモデル。今回は「924」「924カレラGT」「944ターボ」「928S」の4台を試した。
一連のFRモデルの嚆矢(こうし)となった「924」。ネッカーズルムにあるアウディの工場で生産が行われた。
一連のFRモデルの嚆矢(こうし)となった「924」。ネッカーズルムにあるアウディの工場で生産が行われた。
「924」系のモデルが直4エンジンを搭載したエントリーモデルだったのに対し「928」は大排気量のV8エンジンを積んだ上級モデルだった。
「924」系のモデルが直4エンジンを搭載したエントリーモデルだったのに対し「928」は大排気量のV8エンジンを積んだ上級モデルだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。