「日産GT-R NISMO」が2017年モデルに進化

2016.05.30 自動車ニュース
「日産GT-R NISMO」
「日産GT-R NISMO」 拡大

日産自動車は2016年5月27日、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで「日産GT-R NISMO」の2017年モデルを初公開した。

■標準車の改良に伴い“NISMO”の動力性能も向上

GT-R NISMOは、日産のモータースポーツ事業やハイパフォーマンスモデルの開発を担うNISMOが手がけた、GT-Rの高性能バージョンである。

今回発表された2017年モデルでは、標準モデルと同様にフロントバンパーの形状を変更。新たにダーククロム仕上げのVモーショングリルを採用したほか、エンジンの冷却性能を高めるために、空力性能を落とすことなく開口部を拡大した。また両サイドにカナード形状を採用することでダウンフォースを高めるとともに、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能を改善。同じく空力性能を高めるため、エンジンフードも剛性を大幅に強化することで高速域走行時の変形を抑制している。これらの改良により2017年モデルのGT-R NISMOは、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと高速域での優れた安定性を実現しているという。

また標準モデルの改良によって高められたボディー剛性に合わせ、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーのセットアップを変更。エンジンが発生する駆動力をよりしっかりと路面に伝えるため、電子制御式ショックアブソーバーの「ビルシュタイン・ダンプトロニック」についてもチューニングを施している。

インテリアについても標準車の2017年モデルに準じてダッシュボードやセンタークラスターまわりの意匠を変更。ステアリングホイールに加え、ダッシュボードの上部やセンターアームレストの表皮にアルカンターラレザーを採用した。

電装系のインターフェイスも大幅に変更しており、従来モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減し、簡素化。8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用している。また、カーボンファイバー製のセンターコンソールには、ダイヤルとボタン式スイッチとを組み合わせた「ディスプレーコマンドコントロール」を装備。運転中、モニターにタッチすることなく各種機能の操作を可能としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ニューヨークショー2018(日産) 2018.3.30 画像・写真 2018年の北米国際自動車ショーで日産自動車は、世界初の量産可変圧縮比ターボエンジンを搭載した4ドアセダンの新型「アルティマ」を世界初公開した。同時に展示された「ローグスポーツ」や「リーフ」「GT-R」なども合わせて、写真で紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る