「日産GT-R NISMO」が2017年モデルに進化

2016.05.30 自動車ニュース
「日産GT-R NISMO」
「日産GT-R NISMO」 拡大

日産自動車は2016年5月27日、ドイツのニュルブルクリンクサーキットで「日産GT-R NISMO」の2017年モデルを初公開した。

■標準車の改良に伴い“NISMO”の動力性能も向上

GT-R NISMOは、日産のモータースポーツ事業やハイパフォーマンスモデルの開発を担うNISMOが手がけた、GT-Rの高性能バージョンである。

今回発表された2017年モデルでは、標準モデルと同様にフロントバンパーの形状を変更。新たにダーククロム仕上げのVモーショングリルを採用したほか、エンジンの冷却性能を高めるために、空力性能を落とすことなく開口部を拡大した。また両サイドにカナード形状を採用することでダウンフォースを高めるとともに、ホイールハウス周辺の空気を吸引することで空力性能を改善。同じく空力性能を高めるため、エンジンフードも剛性を大幅に強化することで高速域走行時の変形を抑制している。これらの改良により2017年モデルのGT-R NISMOは、これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと高速域での優れた安定性を実現しているという。

また標準モデルの改良によって高められたボディー剛性に合わせ、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーのセットアップを変更。エンジンが発生する駆動力をよりしっかりと路面に伝えるため、電子制御式ショックアブソーバーの「ビルシュタイン・ダンプトロニック」についてもチューニングを施している。

インテリアについても標準車の2017年モデルに準じてダッシュボードやセンタークラスターまわりの意匠を変更。ステアリングホイールに加え、ダッシュボードの上部やセンターアームレストの表皮にアルカンターラレザーを採用した。

電装系のインターフェイスも大幅に変更しており、従来モデルでは27個あったナビゲーションやオーディオのスイッチを、2017年モデルでは11個にまで削減し、簡素化。8インチに拡大したタッチパネルモニターには、操作性に優れた大型のアイコンを採用している。また、カーボンファイバー製のセンターコンソールには、ダイヤルとボタン式スイッチとを組み合わせた「ディスプレーコマンドコントロール」を装備。運転中、モニターにタッチすることなく各種機能の操作を可能としている。

(webCG)
 

関連キーワード:
GT-R日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 「マクラーレン・セナ」発表会の会場から 2018.5.22 画像・写真 伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナの名を冠したスーパースポーツ「マクラーレン・セナ」が日本上陸。東京・芝の増上寺で披露された。会場の様子や、機能美あふれるセナのディテールを写真で紹介する。
  • 「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車 2018.5.17 自動車ニュース 本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る