伝説のサーキット「多摩川スピードウエイ」の記念プレート完成

2016.05.31 自動車ニュース
関係者が集まった除幕式風景。奥に見える高架は東急東横線で、多摩川スピードウエイの建設および運営も東急電鉄が行ったという。
関係者が集まった除幕式風景。奥に見える高架は東急東横線で、多摩川スピードウエイの建設および運営も東急電鉄が行ったという。

2016年5月29日、神奈川県川崎市中原区の丸子橋第3広場付近において「多摩川スピードウエイ80周年記念プレート除幕式」が行われた。

丸子橋付近の多摩川河川敷に残る多摩川スピードウエイのグランドスタンド跡を見上げる場所に展示された、1926年「ブガッティT35C」(手前)と24年「カーチス号」。(除幕前の)記念プレートは、画像左側中ほどに見えるチェッカードフラッグの下にある。
丸子橋付近の多摩川河川敷に残る多摩川スピードウエイのグランドスタンド跡を見上げる場所に展示された、1926年「ブガッティT35C」(手前)と24年「カーチス号」。(除幕前の)記念プレートは、画像左側中ほどに見えるチェッカードフラッグの下にある。
1937年5月に開かれた第3回全日本自動車競争大会における商工大臣杯(国産小型車によるレース)のスタートシーン。先頭集団は戦前にダットサンと覇を競ったオオタのワークスチーム。満員の観衆が座っているのは、今も残るコンクリートのグランドスタンドである。
1937年5月に開かれた第3回全日本自動車競争大会における商工大臣杯(国産小型車によるレース)のスタートシーン。先頭集団は戦前にダットサンと覇を競ったオオタのワークスチーム。満員の観衆が座っているのは、今も残るコンクリートのグランドスタンドである。
グランドスタンド跡。上質のコンクリートが使われていたのか、80年を経た今も風化はほとんど見られない。除幕式に先立ち、堆積していた泥と雑草を取り除くのが大変だったという。
グランドスタンド跡。上質のコンクリートが使われていたのか、80年を経た今も風化はほとんど見られない。除幕式に先立ち、堆積していた泥と雑草を取り除くのが大変だったという。

■いまや貴重な歴史遺産

「レースをやらなくては、クルマはよくならない」という信念のもとに、ホンダの創業者である本田宗一郎氏が建設した鈴鹿サーキット。1963年にそこで開かれた第1回日本グランプリを契機として、日本車の性能レベルは飛躍的に向上した。そのことを指して、亡くなった徳大寺有恒氏は、「国産メーカーは、本田さんにはいくら感謝しても感謝しきれないはずだ」と、生前よく言っていた。
では、その本田氏のスピリットに火をつけたのは? それが「多摩川スピードウエイ」であり、そこで開かれたレースだったのである。

多摩川スピードウエイとは、今から80年をさかのぼる1936年に、丸子橋付近の多摩川河川敷に開場した、日本初、そしてアジア初となる常設サーキット。1周1.2kmの簡易舗装されたオーバルコースとともに、堤防には3万人を収容するコンクリート製のグランドスタンド(観客席)が設置された。多摩川スピードウエイにおいては、同年6月7日の「第1回全日本自動車競争大会」を皮切りに、第2次大戦開戦前の期間を中心に四輪および二輪のレースが開催され、本田宗一郎氏を筆頭に後年の日本の自動車産業の発展に貢献した人物および企業が多く参加したのだった。

今回の80周年記念プレートを企画したのは、多摩川スピードウエイの跡地保存と日本のモータースポーツ黎明(れいめい)期の歴史的意義の研究・情報発信を目的として、2014年に発足した任意団体である「多摩川スピードウエイの会」。現在21名を数える会員のなかには、会長を務める片山光夫氏(元米国日産社長のミスターKこと片山 豊氏の子息)をはじめ、当時のレースの出場者や関係者の親族も少なくないという。

多摩川スピードウエイ跡地には、80年前に建てられたコンクリート製の観客席が、ほぼ当時のままの姿で残っている。多摩川スピードウエイの会によれば、戦前に建立されたサーキットの観客席がそのまま残っているのは、世界的にみてもまれな存在という。継続使用されているサーキットでは、改修に際して古い観客席が撤去されてしまうことがほとんどだからだ。多摩川スピードウエイの場合は、放置されていたことが結果的には幸運で、貴重な歴史遺産となったというわけである。

跡地に埋め込まれた記念プレート。多摩川スピードウエイの会 副会長 小林氏によれば「ようやくこれで活動の第一歩が踏み出せた」とのこと。
跡地に埋め込まれた記念プレート。多摩川スピードウエイの会 副会長 小林氏によれば「ようやくこれで活動の第一歩が踏み出せた」とのこと。
除幕を行った4名。右端から多摩川スピードウエイの会 副会長 小林大樹氏、ヴェテランカークラブ東京 会長 堺 正章氏、日本クラシックカークラブ 役員 山本英継氏、川崎市長 福田紀彦氏。福田氏いわく「小林さんから伺うまでは、恥ずかしながら多摩川スピードウエイのことはまったく知らなかった。グランドスタンド跡を通るたびに、ここはいったい何だったのだろう? と思っていた」とのこと。今では「川崎市としても、この活動を盛り上げていきたい」という。
除幕を行った4名。右端から多摩川スピードウエイの会 副会長 小林大樹氏、ヴェテランカークラブ東京 会長 堺 正章氏、日本クラシックカークラブ 役員 山本英継氏、川崎市長 福田紀彦氏。福田氏いわく「小林さんから伺うまでは、恥ずかしながら多摩川スピードウエイのことはまったく知らなかった。グランドスタンド跡を通るたびに、ここはいったい何だったのだろう? と思っていた」とのこと。今では「川崎市としても、この活動を盛り上げていきたい」という。
左の1924年「カーチス号」は、アート商会勤務時代の本田宗一郎氏が助手として製作。航空機「カーチス号」用8.2リッターV8エンジンを積んだスペシャルで、レースには宗一郎氏もメカニックとして同乗した。右の26年「ブガッティT35C」は、1.9リッター直8スーパーチャージドエンジンを搭載。どちらも現在はホンダコレクションホールの所蔵車両。
左の1924年「カーチス号」は、アート商会勤務時代の本田宗一郎氏が助手として製作。航空機「カーチス号」用8.2リッターV8エンジンを積んだスペシャルで、レースには宗一郎氏もメカニックとして同乗した。右の26年「ブガッティT35C」は、1.9リッター直8スーパーチャージドエンジンを搭載。どちらも現在はホンダコレクションホールの所蔵車両。
多摩川スピードウエイを走る「カーチス号」。当時のレースでは、このようにメカニックが同乗したのだ。
多摩川スピードウエイを走る「カーチス号」。当時のレースでは、このようにメカニックが同乗したのだ。
同じく「ブガッティT35C」。
同じく「ブガッティT35C」。

■日本の自動車産業の礎

多摩川スピードウエイの会が考える、記念プレートを設置する意義は、日本初の常設サーキット跡地としてだけでなく、戦前の日本にモータースポーツが存在していたことの認知拡大。そして、そこに集まった先達(せんだつ)が、日本の自動車産業の発展に果たした功績を後世に語り継ぎ、未来に向けた産業発展の礎となることを目的としている。同会の働きかけによって、跡地の歴史的意義および観光資源としての価値を認識した川崎市も、新たな行政ビジョン「新・多摩川プラン」の一環として跡地の保存を採択。両者の共同の証しとして、記念プレートは同会から川崎市に寄贈され、設置されることとなった。

幸い好天に恵まれた除幕式当日は、1924年「カーチス号」と26年「ブガッティT35C」という、当時のレースに参加した個体そのものが現存している2台のマシンを、現在所蔵する本田技研工業の協力により展示。
除幕セレモニーは、多摩川スピードウエイの会 副会長の小林大樹氏(小林彰太郎CAR GRAPHIC名誉編集長の子息)、来賓である川崎市長 福田紀彦氏、日本クラシックカークラブ役員 山本英継氏、ヴェテランカークラブ東京会長 堺 正章氏の4名によって執り行われた。

除幕に先立ってあいさつした小林大樹氏は、こんなエピソードを披露した。
「もし多摩川スピードウエイがなかったら、日本の自動車産業は現在とは違う形になっていたのでは、という仮説を、私はかねがね抱いていた。そのことを本田博俊氏(本田宗一郎氏の子息)に伝えたところ、『それは仮説ではなくて事実。多摩川スピードウエイがあったから、ウチのオヤジの心に火がついて、そこからホンダが始まった。これは因果関係がはっきりしている事実だよ』と返ってきた。なんともうれしい言葉だった」
そういう歴史的事実を知ることが、ひとりでも多くの方々の心に火がつくきっかけになれば、と語っていた。

なお、80周年記念プレート除幕式に続く、多摩川スピードウエイの会と川崎市のコラボレーション企画として、2016年7月17日から31日の間、川崎市市民ミュージアムにおいて、開設80周年企画展「多摩川スピードウエイ ~日本初の常設モーターサーキット~」が開催される。内容は実物資料・写真パネルなど約40点の展示のほか、貴重な当時のレース映像が初公開される。また跡地見学会も開催される予定という。

(文=沼田 亨/写真=沼田 亨、多摩川スピードウエイの会)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。