アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入

2016.05.31 自動車ニュース
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」

アストンマーティン・ジャパンは2016年5月30日、「V12ヴァンテージS」にマニュアルトランスミッション(MT)搭載車を設定し、2017年モデルより日本へ導入すると発表した。

 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像
 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像
 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像

V12ヴァンテージSは、6リッターV12エンジンを搭載した「ヴァンテージ」シリーズの高性能モデルであり、これまでトランスミッションにはシングルクラッチ式ATの「スポーツシフトIII」のみが設定されていた。

今回、無償オプションとして新たに用意されたのは、アストンマーティンではこれが初となる7段MTである。シフトパターンは1速のポジションをHパターンの外(左下)に配置する「ドッグレッグ」レイアウトを採用しており、これにより頻繁に使う2~7速のギアをすべてHパターンの中に配置することができたという。

また、変速時に自動でエンジンの回転合わせを行う「AMSHIFT」が採用されており、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジンマネジメントプログラムの協調により、フルスロットル状態でのスムーズなシフトアップを可能にするとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑制。また「ヒール・アンド・トウによるシフトダウンを完璧に再現」するという。

この7段MTが用意されるのはクーペのみで、ロードスターへの設定はなし。またエンジンやシャシー、ブレーキなどについてはAT仕様とMT仕様とで違いはなく、動力性能については、両仕様ともに0-100km/h加速が3.9秒、最高速が330km/hと公表されている。

価格は2347万4200円。納車開始は2016年第3四半期を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • アストンマーティンDB11(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.8.6 試乗記 2016年3月のジュネーブショーで世界初公開された、アストンマーティンの新しい基幹モデル「DB11」。完全新設計のアルミプラットフォームに独自開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンを搭載した、新世代のグランドツアラーの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る