アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入

2016.05.31 自動車ニュース
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」
「アストンマーティンV12ヴァンテージS」

アストンマーティン・ジャパンは2016年5月30日、「V12ヴァンテージS」にマニュアルトランスミッション(MT)搭載車を設定し、2017年モデルより日本へ導入すると発表した。

 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像
 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像
 
アストンマーティン、7段MTの「V12ヴァンテージS」を導入の画像

V12ヴァンテージSは、6リッターV12エンジンを搭載した「ヴァンテージ」シリーズの高性能モデルであり、これまでトランスミッションにはシングルクラッチ式ATの「スポーツシフトIII」のみが設定されていた。

今回、無償オプションとして新たに用意されたのは、アストンマーティンではこれが初となる7段MTである。シフトパターンは1速のポジションをHパターンの外(左下)に配置する「ドッグレッグ」レイアウトを採用しており、これにより頻繁に使う2~7速のギアをすべてHパターンの中に配置することができたという。

また、変速時に自動でエンジンの回転合わせを行う「AMSHIFT」が採用されており、クラッチ、シフトポジション、プロペラシャフトの各センサー情報とエンジンマネジメントプログラムの協調により、フルスロットル状態でのスムーズなシフトアップを可能にするとともに、クラッチ操作による加速の中断を最小限に抑制。また「ヒール・アンド・トウによるシフトダウンを完璧に再現」するという。

この7段MTが用意されるのはクーペのみで、ロードスターへの設定はなし。またエンジンやシャシー、ブレーキなどについてはAT仕様とMT仕様とで違いはなく、動力性能については、両仕様ともに0-100km/h加速が3.9秒、最高速が330km/hと公表されている。

価格は2347万4200円。納車開始は2016年第3四半期を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V12ヴァンテージの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストン・マーティンV12ヴァンテージS(FR/7AT)【試乗記】 2014.6.18 試乗記 大排気量の12気筒エンジンを搭載する「アストン・マーティンV12ヴァンテージ」が、一段とパワフルな「V12ヴァンテージS」に進化。同社の量産モデル史上最速とうたわれる、その実力を確かめた。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る