『CAR GRAPHIC』7月号発売
新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」に試乗!/最新「ポルシェ911」徹底比較

2016.06.01 From Our Staff
 

2016年6月1日発売『CAR GRAPHIC』7月号では、イタリアでついに新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」に試乗。国内では、「ポルシェ911」を対象に、JARI性能計測やライバル比較を実施しました。
(CG編集部)

バロッコ・プルービング・グラウンドを攻める「ジュリア クアドリフォリオ」。久々に登場した、アルファ“FR”セダンの実力に迫ります。(photo:FCA)

510psを発生する「ジュリア クアドリフォリオ」の2.9リッターV6ツインターボエンジン。パワー特性はもとより、そのサウンドも気になるところだ。(photo:FCA)

アルファらしさを随所に感じさせる、「ジュリア クアドリフォリオ」のインテリア。ステアリングスポークのスターターボタンなど新装備にも注目。(photo:FCA)
新しいターボエンジンを搭載した「911カレラ」と「911カレラS」が行く。テスターが結論として評価するのは、どちらのモデルか?(photo:北畠主税)
「ポルシェ911カレラ4」と「ジャガーFタイプR」の4WD。四駆のスポーツクーペとしての性格を明らかにするには、不足のない相手だろう。(photo:北畠主税)

■510psの「クアドリフォリオ」は「4C」を超えた!?

5月中旬、イタリアで開かれた新型アルファ・ロメオ・ジュリアの国際試乗会にCGも参加。FCAのテストコース、バロッコ・プルービング・グラウンドとその周辺での走りっぷりを、子細に報告します。

試乗車は、アルファの市販車史上最高となる510psのV6エンジンを搭載するクアドリフォリオ、2リッターガソリン、2.2リッターディーゼルの3車種。日本向けのラインナップについても紹介しています。ステアリングを握ったのは、本誌で「4C」の長期テストを担当するCG代表の加藤。帰国直後、興奮冷めやらぬうちに書き上げたリポートに乞うご期待!

一方、国内取材班は、こちらもようやくナンバーがついた新しい「ポルシェ911カレラ」「カレラS」「カレラ4」「カレラSカブリオレ」を連れ、CGおなじみのJARI(日本自動車研究所城里テストセンター)で性能計測へ。さらに“ベストオブ911”を探るべく、カレラとカレラS、カレラ4と「ジャガーFタイプR AWD」を比較テスト。911カブリオレの存在価値についても考察するとともに、番外編として“素の”「ポルシェ・マカン」を、登場したばかりの「メルセデス・ベンツGLC250」と比較。ポルシェの新たな魅力についてもリポートします。

今月はさらに、ポルシェの「924」から「928」まで、トランスアクスルのヒストリックモデルをドイツで一気に試乗しています。新型のアルファにポルシェと、イタリアやドイツの熱き魂で、7月号は息つくヒマも与えません。

ジュリアと911で走り回った後は、PHV(プラグインハイブリッド車)についての小特集です。「3シリーズ」と「Cクラス」のDセグメント比較、さらに「ゴルフGTE」と「アウディA3 e-tron」の同門比較という、2本のPHV比較テストが続きます。また、日本市場でのPHVをめぐる環境についてもじっくりリポートしています。果たして今、PHVは“買い”なのか!?

CG7月号はお近くの書店、もしくはAmazonやFujisanといったオンライン書店でお買い求めください。

--------------------------------------------

『CAR GRAPHIC』2016年6月号

発行所:株式会社カーグラフィック
定価:1240円
A4判変型・242ページ

定期購読する
アマゾンで買う
富士山マガジンサービスで買う

--------------------------------------------

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。