日産が「ウイングロード」の装備を強化

2016.06.01 自動車ニュース
「日産ウイングロード15M」
「日産ウイングロード15M」

日産自動車は2016年6月1日、「ウイングロード」の仕様の一部を変更し、販売を開始した。

「ウイングロード ライダー」
「ウイングロード ライダー」
ウイングロード アンシャンテ 助手席スライドアップシート
「ウイングロード アンシャンテ 助手席スライドアップシート」

今回の変更では利便性を高めるため、全車にリアヒーターダクト、ヒーター付きドアミラー、スチール製リアワイパーを標準装備した。

価格は以下の通り。
・15B:167万6160円
・15S:178万2000円
・15Mオーセンティック:190万800円
・15M:201万9600円
・15M Vリミテッド:206万8200円

またオーテックジャパンの手がけるコンプリートカスタムカー「ライダー」および福祉車両「アシャンテ 助手席スライドアップシート」についても同様の仕様変更がなされている。

価格は以下の通り。
・ライダー:237万6000円
・アシャンテ 助手席スライドアップシート(ベース車:15Mオーセンティック):235万9800円
・アシャンテ 助手席スライドアップシート(ベース車:15M Vリミテッド):252万7200円

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る