「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場

2016.06.01 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツV220dスポーツ ロング」

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月1日、乗用ワンボックス車の「Vクラス」に一部改良を実施。同時に新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加設定し、販売を開始した。

 
 

今回の改良では、排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」のタンク容量を、11.5リッターから25リッターに拡大。補充サイクルが伸び、約2万kmまで補充なしで走行が可能となった。

また新グレードのV220dスポーツ ロングは、「V220dアバンギャルド ロング」をベースに、「AMGライン」の内外装パーツを用いたものである。具体的には、外装にはフロントスポイラーやリアバンパー、リアルーフスポイラーリップからなる「AMGデザインエクステリア」と19インチAMG7ツインスポークアルミホイールを、内装にはカーボン調インテリアトリム、ラバースタッド付きのステンレスアクセルペダルを備えている。

装備も充実しており、挟み込み防止機能付きパノラミックスライディングルーフや、運転支援システムの「レーダーセーフティーパッケージ」が標準で採用されている。

価格は以下の通り。
・V220dトレンド:550万円
・V220d:636万円
・V220dアバンギャルド ロング:713万円
・V220dアバンギャルド エクストラロング:749万円
・V220dスポーツ ロング:819万円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る