「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車

2016.06.01 自動車ニュース
「フィアット500コラーロ」
「フィアット500コラーロ」

FCAジャパンは2016年6月1日、「フィアット500」の特別仕様車「Corallo(コラーロ)」を発表した。100台限定で、同年6月11日に発売する。

 
「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車の画像
 
「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車の画像
 
「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車の画像

フィアット500コラーロは、通常は設定されていない「1.2ラウンジ」をベースとする特別限定車。一番の特徴は、専用色の「コーラルレッド」がボディーカラーや一部のシートカラーに採用されていることで、限定車ならではの15インチアロイホイールも与えられる。

車名のコラーロは、イタリア語でサンゴを意味する。車両の売り上げの一部は、石垣島周辺沿岸域でサンゴ礁の再生活動を行う特定非営利法人アクアプラネットに寄付され、100本のサンゴの苗の植え付けに活用される。

価格は231万1200円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • 100台限定、5段MTの「フィアット500」が登場 2017.6.28 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット500」に特別仕様車「500S Plus」を設定。2気筒の「ツインエア」エンジンに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた限定モデルで、100台が限定販売される。価格は236万5200円。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • ガソリンエンジン搭載の「マツダCX-3」発売 2017.6.28 自動車ニュース マツダは2017年6月28日、クロスオーバーモデル「CX-3」の一部仕様を変更するとともにガソリンエンジン搭載車を追加設定すると発表した。ディーゼル車は6月29日に販売開始。ガソリン車は6月29日から予約を受け付け、7月27日に発売する。
ホームへ戻る