「フィアット500」にサンゴの赤をまとう特別限定車

2016.06.01 自動車ニュース
「フィアット500コラーロ」
「フィアット500コラーロ」 拡大

FCAジャパンは2016年6月1日、「フィアット500」の特別仕様車「Corallo(コラーロ)」を発表した。100台限定で、同年6月11日に発売する。

フィアット500コラーロは、通常は設定されていない「1.2ラウンジ」をベースとする特別限定車。一番の特徴は、専用色の「コーラルレッド」がボディーカラーや一部のシートカラーに採用されていることで、限定車ならではの15インチアロイホイールも与えられる。

車名のコラーロは、イタリア語でサンゴを意味する。車両の売り上げの一部は、石垣島周辺沿岸域でサンゴ礁の再生活動を行う特定非営利法人アクアプラネットに寄付され、100本のサンゴの苗の植え付けに活用される。

価格は231万1200円。

(webCG)

関連キーワード:
500フィアット自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る