BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)

身近に味わえるゼロエミッション 2016.06.06 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新たな選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のプラグインハイブリッド車(PHV)である。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。

販売の新しいけん引力

2014年12月の登場以来、Mr.Childrenの楽曲を使った日本オリジナルのCM展開(基本的にBMWは本国で作られたテレビCMを日本でも使う)などによって、これまでの顧客とは異なるターゲット層に訴求してきた2シリーズのアクティブツアラーと、7人乗りミニバンの「グランツアラー」。この2台が、「MINI」のプラットフォームを使ったFF車であることについて今更説明の必要はないだろう。

やや古い言葉かもしれないが、30代をコアとするニューファミリー層に的を絞ったその狙いは的中し、販売は好調。取材時点では日本におけるBMWラインナップの中で、「3シリーズ」に続く販売台数を稼いでいるという。このシリーズの登場で若干でも“割を食った”BMW車はあるのだろうが、販売現場で声を聞くと、その多くは純増、つまり他ブランドからの新規顧客の獲得に成功しているという。

グレード展開を見ても、導入当初はガソリン車のみだったところに、2015年5月にクリーンディーゼルエンジンを搭載した「218d」を追加するなど、手綱を緩めることなく攻めの姿勢を貫いている。ここに登場したのが、同社のサブブランドである「BMW i」の流れをくむPHVである。

このクルマの登場により、アクティブツアラーはガソリン、ディーゼル、PHVと3種類のパワーユニットを持つことになり、ブランドとプロダクトのどちらからも前述したユーザー層への強いアピール力を手に入れたことになる。

BMW初のFF車(4WD車もあるが)として登場した「2シリーズ アクティブツアラー」。PHVの「225xe」は2016年1月に日本に導入された。
BMW初のFF車(4WD車もあるが)として登場した「2シリーズ アクティブツアラー」。PHVの「225xe」は2016年1月に日本に導入された。
インストゥルメントパネルまわりは、メーター内の表示や走行モードの切り替え機構などを除くと、ガソリン車やディーゼル車との大きな違いはない。
インストゥルメントパネルまわりは、メーター内の表示や走行モードの切り替え機構などを除くと、ガソリン車やディーゼル車との大きな違いはない。
「225xe」にはパーフォレーテッド・ダコタ・レザーシートが標準装備される。
「225xe」にはパーフォレーテッド・ダコタ・レザーシートが標準装備される。
リアシートについては、スライド調整やバックレストの角度調整機構が省かれている。
リアシートについては、スライド調整やバックレストの角度調整機構が省かれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ アクティブツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る