トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化

2016.06.02 自動車ニュース
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL」
「トヨタ・ハイエース ワゴンGL」

トヨタ自動車は2016年6月1日、ワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」に一部改良を実施し、同年6月11日に発売すると発表した。

「レジアスエース スーパーGL」
「レジアスエース スーパーGL」
「ハイエース コミューターDX」
「ハイエース コミューターDX」

今回の一部改良では、車両の横滑りなどを抑えて姿勢を安定させるVSC&TRCや、坂道での発進をサポートするヒルスタートアシストコントロール、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させ、後続車に注意を促す緊急ブレーキシグナルを、ハイエースの「ワゴン」と「コミューター」に標準装備。またアクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用した。

価格は、ハイエース/レジアスエースの「バン」が226万2109円から338万914円、ハイエース ワゴンが270万5891円から382万6145円、ハイエース コミューターが303万3818円から348万5455円となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタが「ハイエース」を一部改良 安全装備を強化 2016.6.2 自動車ニュース トヨタがワンボックス車「ハイエース」「レジアスエース」を一部改良。アクセサリーソケット(DC12V・120W)を全車に採用したほか、「ワゴン」と「コミューター」にVSC&TRCやヒルスタートアシストコントロールなどを標準装備した。
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、ジュネーブショーで新型「XV」を世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 富士重工業は2017年3月7日、第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。新しい「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、衝突安全性能や回避性能、ハンドリング、乗り心地を進化させた。
ホームへ戻る