メルセデス、小型オープンカーの「SLC」を日本導入

2016.06.02 自動車ニュース
「メルセデスAMG SLC43」
「メルセデスAMG SLC43」

メルセデス・ベンツ日本は2016年6月2日、小型ロードスター「SLC」の販売を開始した。価格は530万円から。今回はフェイスリフトと同時にモデル名を変更。メルセデスのロードスターを示す「SL」とクラスを表す「C」が組み合わされた、SLCというネーミングが新たに採用された。

 
メルセデス、小型オープンカーの「SLC」を日本導入の画像
 
メルセデス、小型オープンカーの「SLC」を日本導入の画像
 
メルセデス、小型オープンカーの「SLC」を日本導入の画像
 
メルセデス、小型オープンカーの「SLC」を日本導入の画像
「メルセデスAMG SLC43」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
「メルセデスAMG SLC43」とメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。

■装備充実、バリオルーフの開閉動作は40km/hまで可能に

1996年に電動開閉式ハードトップを備えた「SLK」がデビュー。これがSLCの初代となるモデルだ。現行モデルはその3代目にあたり、2011年から2014年まではオープンカーとして販売台数ナンバーワンを記録するなど、日本でも好評を博している。

今回の改良では、リアバンパーのデザインやテールランプを変更することで、ワイド・アンド・ローなイメージを強調。また、全モデルでリバース操作に連動して車両後方の映像をCOMANDディスプレイに表示するリアビューカメラが標準装備となった。
電動ハードトップの「バリオルーフ」も改良されており、開閉操作を停車時に開始した場合、車速が約40km/hまでであれば発進後も開閉動作を継続するようになった。

モデルバリエーションでは、1.6リッター直4直噴ターボエンジンを搭載した「SLC180」と「SLC180スポーツ」、およびAMGモデルである「メルセデスAMG SLC43」(納車開始は2016年6月中旬ごろ)が新たに導入された。このうち、メルセデスAMG SLC43は最高出力367ps、最大トルク53.0kgmを発生する3リッターV6直噴ツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は4.7秒という運動性能を実現している。また、従来モデルには設定のあったマニュアルトランスミッション車は、カタログから落とされた。

今回の発表に際し、ドイツダイムラー本社からエクステリアデザイン シニアマネージャーのアヒム・ディートリッヒ・バドシュトゥブナー氏が来日。SLCについて、「若くてフレッシュ。若い世代にアピールするクルマ。若い人にも手の届くドリームカーだ」とコメント。またメルセデス・ベンツのラインナップではSLの“弟分”として位置づけられていることから、「SLの歴史、伝統を受け継ぐモデルでもある」と述べた。

価格は以下の通り。
・メルセデス・ベンツSLC180:530万円
・メルセデス・ベンツSLC180スポーツ:590万円
・メルセデス・ベンツSLC200スポーツ:685万円
・メルセデスAMG SLC43:970万円

(文=内田俊一/写真=内田俊一、webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る